堀田興重

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
堀田興重
時代 戦国時代 - 江戸時代前期
生誕 生年不詳[1]
死没 慶長20年5月7日1615年6月3日[1]
別名 通称:作兵衛
主君 真田氏
兄弟 興重、女(真田信繁側室)
又兵衛(源内)、養女:すへ

堀田 興重(ほった おきしげ)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての人物。通称は作兵衛。

人物[編集]

興重の妹は真田信繁上田にいた頃に、興重の養女として信繁の側室となり、長女「すへ」、次女「於市」を産んだ[1]。ただし、次女の於市に関しては、母親は高梨内記の娘という説もある[2]

興重は、第二次上田合戦後は真田昌幸・信繁らには従わずに上田に残った。そして慶長年間の関ヶ原の戦いから大坂冬の陣の前までに、すへを養女とし、小県郡長窪宿(長久保宿、現在の長和町)の本陣、石合十蔵(道定[1]または重定[2])へ嫁がせている。

その後、興重は信繁を追って大坂城へ入城して、冬の陣を戦い、大坂夏の陣で戦死した[3]

大坂の陣終結後、興重の妻女は真田信之によって上田へ身柄を移された。興重の娘は幕府の詮議により大坂で処刑されたとの話も残るが、先の上田へ移されたという話と辻褄が合わず、どちらが真相か実際のところはわからない[1]

嫡男の又兵衛(源内)は石合家に預けられており、寛永16年(1639年)に詮議を受けたが、落城後24年も経過していることもあり、咎めはなかった[1]

登場する作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 丸島和洋 2016, p. 211-212.
  2. ^ a b 小林計一郎 1989, p.95.
  3. ^ 小林計一郎 1989, pp.187-188.

参考文献[編集]