堀田正功

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

堀田 正功(ほった まさこと、安永8年4月16日1779年5月31日) - 享和2年1月22日1802年2月24日))は、下総国佐倉藩の嫡子。2代藩主・堀田正順の長男。正室は戸田氏教の娘。子は堀田正愛(長男)、娘(内田正容正室)。官位は従五位下、相模守。

正順の嫡子として生まれ、寛政9年(1797年)に徳川家斉に初御目見・叙任する。しかし、家督相続前の享和2年(1802年)に早世した。代わって、叔父の正時が嫡子となった。

法名は松籟院天阿熊岳邃音。