堀江信介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

堀江 信介(ほりえ しんすけ)(生年不明 - 2007年1月5日)は、日本の元俳優。父は漫画家の堀江卓

人物[編集]

俳優として特撮作品『バトルホーク』のビッグホークこと楯大二郎役でレギュラー出演。堀江の俳優活動としての代表作となった。堀江本人の体格に合うスーツアクターが見つからなかったため、化身後のビッグホークのスーツアクターも兼任していた[1]

俳優引退後はアマチュアバンドを結成して活躍。TBS三宅裕司が司会を担当し、深夜の人気番組として放送されていた『イカすバンド天国』に出場した事もあったが、それが結果的に公の場での最後の活動となった。2007年心不全のため死去。晩年は長く闘病生活を送っていたという。

出演作品[編集]

テレビ[編集]

  • 寺内貫太郎一家 第22話(1974年) - マッサージ師 役
  • 電人ザボーガー 第20話「死を呼ぶ合体ロボット・ゴーゴン」(1974年) - アンドロイドブルー 役
  • 特別機動捜査隊 第690話「泥水の流れの中で」(1975年) - 大村進 役
  • バトルホーク(1976年) - 楯大二郎 / ビッグホーク 役 ※レギュラー出演、ビックホークのスーツアクターも担当した。

映画[編集]

  • 沖田総司(1974年)
  • 主婦の体験レポート 新・おんなの四畳半(1975年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『バトルホーク大図鑑』(WILD GEEKS) p.11