堀川哲男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
堀川 哲男
人物情報
生誕 (1936-07-15) 1936年7月15日
日本の旗 日本愛媛県松山市
死没 (1990-10-05) 1990年10月5日(54歳没)
学問
研究分野 東洋史
研究機関 京都大学
テンプレートを表示

堀川 哲男(ほりかわ てつお、1936年7月15日[1] - 1990年10月5日[2])は、日本中国史学者。中国近代史専攻。

愛媛県松山市生まれ[1]京都大学文学部史学科、同大学院文学研究科博士課程満期退学。岐阜大学助教授、京都大学教養部助教授、教授。1990年、腎腫瘍のため死去[1]

著書[編集]

  • 林則徐人物往来社、中国人物叢書、1966。改訂版・中公文庫、1997
  • 孫文 救国の情熱と中国革命』清水書院センチュリーブックス 1973、「孫文と中国の革命運動」清水新書 1984
  • 『中国近代の政治と社会』法律文化社、1981
  • 『人類の知的遺産 63 孫文』講談社、1983
  • 『ときにはそれについて語ろう 堀川哲男・文と人』堀川哲男・文と人編集委員会、1991
  • 『アジアの歴史と文化 5 中国史 近・現代』(編) 同朋舎出版、1995

翻訳[編集]

参考[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『現代物故者事典 1988~1990』(日外アソシエーツ、1993年)p.563
  2. ^ 『人物物故大年表』