堀口勝正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

堀口 勝正(ほりぐち かつまさ、1937年12月22日-)は、日本弁護士。元次長検事

来歴・人物[編集]

香川県生まれ。1960年中央大学法学部卒業。1961年司法修習生、検事任官。

1990年最高検察庁検事、1991年奈良地検検事正、1993年水戸地検検事正、1995年7月最高検総務部長、1996年6月同・刑事部長。北島敬介のあとを受けて、次長検事(1997年12月2日-1999年12月22日)を務めて退官した。2006年4月現在、弁護士、帝京大学客員教授。

脚注[編集]