堀内隆 (新聞記者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
堀内 隆
生誕1970年????
日本の旗 日本 大阪府
職業ジャーナリスト
公式サイトhttp://www.asahi.com/ 朝日新聞

堀内 隆(ほりうち たかし、1970年[1] - )は、日本のジャーナリスト朝日新聞ロサンゼルス支局長(兼ハバナ支局長)。

略歴[編集]

役職[編集]

主な記事[編集]

エルサレム時代は、ちょうど第2次インティファーダ時代にあたり、イスラエルとパレスチナ側の対立が激化したが、エルサレムの高層マンションからイスラエル軍の報道を伝えるのみで、ガザに入っての取材をほとんどしなかった。「自爆テロ」という語を早い時期に最も頻繁に使った記者のひとりである。それによって他の朝日新聞の記者がガザからの取材で「自爆攻撃」という言葉を使うなど、朝日新聞内部での用語の矛盾も露呈した。一貫してイスラエル軍報道を優先し、パレスチナ側からの視点を伝えることはないまま移動となった。

参照[編集]

関連事項[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]