堀内博志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

堀内博志(ほりうちひろし、1974年9月3日 - )は、日本の映画監督。

経歴[編集]

1974年、島根県出雲市(旧平田市)に生まれる。

大阪写真専門学校(ビジュアルアーツ専門学校)放送・映画学科に入ってから映像作りを始め[1]、1995年に卒業してからは数社の映像制作会社に在籍しアーティストのPV、映像作品を制作する[2]

2008年、映像制作会社・PERFECTWORLD株式会社を設立。

初めて完成させた自主映画『反抗』がPFFアワード2010に入選[1]、沖縄映像祭、TAMA NEW WAVE2010に出品される。

2年半ほど追いかけて撮影していたミュージシャン・加地等が2011年2月に急逝し、これをまとめたドキュメンタリー『加地等がいた -僕の歌を聴いとくれ-』が劇場公開される[2]

自主映画『私の悲しみ』がTAMA NEW WAVE2011でグランプリと女優賞(よこえとも子)をダブル受賞し、初の長編劇映画として2012年7月に劇場公開された。

2014年、島根県出雲市を舞台に、主演佐々木希、撮影監督・クリストファー・ドイル出雲大社などの全面協力を経て、映画「縁(えにし)〜The Bride of Izumo〜」を撮影。 2015年、第35回ハワイ国際映画祭 Spotlight on Japan部門の観客賞(HIFF Audience Award)にノミネートされた。2016年、初春の全国公開。

2017年、映画『Please Please Please』、2018年映画『Sea Opening』制作をきっかけに若手俳優らを起用する機会が増え、2018年4月よりネット配信にて「堀内監督の「イケてんChannel」不定期配信。

監督作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

  • ディキータマリモット~オウセンの若者たち~(2018年7月6日-9月21日、テレビ神奈川) 全12話 [7][8]
  • チョコレート戦争 ~朝に道を聞かば夕べに死すとも可なり~(2020年1月10日~ テレビ神奈川)全12話[9]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b コンペティション部門 PFFアワード2010|上映作品紹介”. 第32回ぴあフィルムフェスティバル(PFF)公式サイト. 2016年3月6日閲覧。
  2. ^ a b 7/7に追悼イベント開催、ドキュメンタリー『加地等がいた』豊田道倫、前野健太がリスペクトを寄せたシンガーソングライターの横顔|堀内博志監督に聞く「彼は特に歌詞に関しては絶対的な自信がありました」。 - 骰子の眼 -”. webDICE (2011年7月5日). 2016年3月6日閲覧。
  3. ^ “【映画】Please Please Please 公式サイト”. http://please3.net/ 
  4. ^ “佐藤流司×佐藤永典×赤澤燈、詐欺を働く若者たち描く映画が1月に公開”. 映画ナタリー. (2016年12月16日). http://natalie.mu/eiga/news/212904 2016年12月19日閲覧。 
  5. ^ “【映画】Sea Opening 公式サイト”. http://seaopening.com/ 
  6. ^ “映画『いつまでも忘れないよ』公式サイト”. http://dikita-malimot.com/itsumademowasurenaiyo/ 
  7. ^ 崎山つばさ、北園涼、横田龍儀、小南光司、橋本祥平が猪野広樹の主演ドラマに出演決定 エキストラの募集も”. SPICE. 2018年2月14日閲覧。
  8. ^ 注目の若手人気俳優 勢揃い!猪野広樹主演 連続テレビドラマ『D(仮称)』豪華出演者 続々決定!”. PR TIMES. 2018年2月14日閲覧。
  9. ^ チョコレート戦争 〜朝に道を聞かば夕べに死すとも可なり〜” (jp). チョコレート戦争 〜朝に道を聞かば夕べに死すとも可なり〜. 2020年3月9日閲覧。

外部リンク[編集]