コンテンツにスキップ

堀優衣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
堀優衣
YouTube
チャンネル
活動期間 2019年8月28日 -
ジャンル 音楽
登録者数 4.52万人
総再生回数 9,560,806 回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2023年11月26日時点。
テンプレートを表示
堀優衣
生誕 (2000-10-12) 2000年10月12日(23歳)
栃木県足利市
国籍 日本の旗 日本
出身校 ぐんま国際アカデミー初等部・中等部・高等部
慶應義塾大学環境情報学部
職業 歌手
公式サイト https://www.htmg.com/management/yui-hori/
テンプレートを表示

堀 優衣(ほり ゆい、2000年10月12日 - )は、日本の女性歌手。「THEカラオケ★バトル」優勝12回(番組最多優勝記録)。栃木県足利市出身[1]

略歴・人物

[編集]

詩吟の指導者であった祖父の影響で、幼少時から歌に親しんできた[2]。小学1年生の頃から足利市の健康ランド演歌を披露し始め、小学4年生からおおた芸術学校合唱部門に参加した[3]ぐんま国際アカデミー初等部・中等部・高等部を経て[4]慶應義塾大学環境情報学部に進学[5]

YouTubeに投稿した動画がテレビ制作会社の目に留まったのをきっかけに[5]THEカラオケ★バトル』(テレビ東京)のU-18(18歳以下)「歌うま甲子園」2014年7月30日放送分に初出場し優勝。以降、同番組に出場を重ね、2016年に春のグランプリで優勝、2017年・2018年の年間チャンピオン決定戦でも優勝した。同番組では『最強高校生』として知られた[6]

同番組内で2014年に設定された「U-18四天王」の初期メンバーで、同番組の春のグランプリ、年間チャンピオン決定戦の決勝戦進出者である「トップ7」(2016年3月までは「トップ6」)に最初期から名を連ねる。また「弱気になる自分自身がライバル」「相手の得点より自分自身を信じるだけ」「魔物は自分で作っているものだと思っている」等、番組内で様々な名言を述べている。いつも挑戦する気持ちで戦いに挑んでおり、U-18を卒業する前に10冠を取ることを目標としていた。2019年4月に慶應義塾大学環境情報学部に入学。同年9月29日に放送された全日本大学生歌うま王決定戦で優勝し、10冠を達成した[7]。また2021年2月21日に放送された超絶ハーモニー連発・最強デュエット王決定戦で優勝し、史上最多の11冠を達成。さらに、同年7月11日に放送された2021 夏のグランプリでも優勝し、12冠を達成した。

2016年8月、群馬県警察沼田警察署[8]、2017年12月には群馬県警察の太田警察署でそれぞれ一日署長を務めた。

2016年11月1日に栃木県足利市の「あしかが輝き大使」[1]、2017年3月25日に群馬県太田市の「おおたPR大使」[4]、2018年12月1日に栃木県佐野市の「佐野ふるさと特使」[9]、2019年9月4日に栃木県の「とちぎ未来大使」にそれぞれ任命された[2]。2021年3月28日、東京オリンピックの聖火リレーの栃木県区間の出発セレモニーで県民の歌を独唱[10]、2022年2月6日には足利市制100周年記念式典で国歌を独唱した[11]

出演

[編集]

テレビ

[編集]

成績

[編集]
  • 2017年
    • 春のグランプリ4時間スペシャル 予選1位通過・トップ7(4期連続)
    • U-18歌うま甲子園夏の頂上決戦 予選敗退
    • 年間チャンピオン決定戦 優勝・トップ7(5期連続)
    • U-18最強決定戦 3位
  • 2018年
    • 春のグランプリ4時間スペシャル 予選1位通過・トップ7(6期連続)
    • U-18歌うま甲子園夏の頂上決戦 優勝 予選・決勝100点【8冠】
    • 年間チャンピオン決定戦 優勝 ※連覇
  • 2022年

ライブ・イベント

[編集]
出演日 タイトル 会場 脚注
2017年7月7日 ナナナのバースデーパーティー 六本木グランドタワー東京都 [12]
2022年1月23日 THEカラオケ★バトルコンサート2022 LINE CUBE SHIBUYA東京都 [13]
2022年10月9日 いちご一会とちぎ国体ライブステージ 栃木県総合運動公園栃木県 [14]

YouTube

[編集]

作品

[編集]

シングル

[編集]
  • ねがいうた(2012年9月9日発売)
  • 母ゆずり/ひとかけらの青春(2014年12月11日発売。MAB-1274)[15]

参加作品

[編集]

脚注

[編集]
  1. ^ a b あしかが輝き大使を紹介します!”. 足利市. 2017年12月31日閲覧。
  2. ^ a b “未来大使にカラオケ女王 鈴木さんと堀さんに栃木県が委嘱”. 下野新聞. (2019年9月5日). https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/215748 2020年5月30日閲覧。 
  3. ^ 特技見極め 人前で披露 歌手・堀優衣さんの両親(上)”. はぐくもっと. 下野新聞. 2022年10月9日閲覧。
  4. ^ a b おおたPR大使 堀優衣(広報おおた 2019年1月1日号)” (PDF). 太田市. 2020年5月30日閲覧。
  5. ^ a b 歌と学業 家族で支える 歌手・堀優衣さんの両親(下)”. はぐくもっと. 下野新聞. 2022年10月9日閲覧。
  6. ^ 歴代の優勝者やファイナリストのみが参戦! 2017年間チャンピオンの称号は誰の手に!? 「THEカラオケ★バトル」 - music.jp ニュース 2017年10月18日6時30分配信 2017年12月31日閲覧
  7. ^ “カラオケバトルで悲願の10冠 足利市出身の堀さん、番組史上2人目の快挙”. 下野新聞. (2019年10月1日). https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/226558 2020年5月30日閲覧。 
  8. ^ “女子高生堀さん 沼田・パレード参加 /群馬”. 毎日新聞. (2016年8月10日). https://mainichi.jp/articles/20160810/ddl/k10/040/160000c 2017年12月31日閲覧。 
  9. ^ “民放カラオケ9冠の堀さん特使に 佐野市が委嘱、市の魅力アピール期待”. 下野新聞. (2018年12月5日). https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/107291 2020年5月30日閲覧。 
  10. ^ つなぐ191人「待ちに待った」28日…セレモニーは縮小、堀優衣さんが「県民の歌」独唱”. 読売新聞 (2021年3月17日). 2022年10月9日閲覧。
  11. ^ 足利市制100年祝う ゆかりの著名人ら祝福”. 下野新聞 (2022年2月7日). 2022年10月9日閲覧。
  12. ^ 堀優衣、鈴木杏奈ら「THEカラオケ★バトル」U-18四天王がナナナの誕生日をお祝い ザテレビジョン
  13. ^ 2年ぶりに開催決定!THE カラオケ★バトル コンサート開催 ジェイタメ
  14. ^ いちご一会広場<10月9日>”. いちご一会とちぎ国体・とちぎ大会実行委員会. 2022年10月9日閲覧。
  15. ^ 母ゆずり | 堀優衣 | ORICON NEWS
  16. ^ THEカラオケ★バトル BEST ALBUM | ポニーキャニオン
  17. ^ 「THE カラオケ★バトル」BEST ALBUM II|ポニーキャニオン
  18. ^ 「THEカラオケ★バトル」第2弾CDに馬飼野康二&松井五郎手がける「ナナナ音頭」| 音楽ナタリー
  19. ^ 激しいバトルを勝ち抜いた、新「トップ7」が集結!「THEカラオケ★バトル」待望のセカンドアルバム 8月2日(水)リリース!! テレビ東京バナナ社員・ナナナの新曲「ナナナ音頭」がボーナストラックとして収録! | 日刊エンタメクリップ
  20. ^ 「THEカラオケ★バトル」ベストCD第3弾収録曲決定!堀優衣オリジナル曲「私」も | PONYCANYON NEWS
  21. ^ THE カラオケ★バトル」BEST ALBUM IIIU | ポニーキャニオン

関連項目

[編集]

外部リンク

[編集]