埼玉県農業技術研究センター園芸研究所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
園芸研究所正門(2015年4月)

埼玉県農業技術研究センター園芸研究所(さいたまけんのうぎょうぎじゅつけんきゅうせんたーえんげいけんきゅうじょ)は、埼玉県久喜市に所在する園芸作物の品種の育成及び研究開発を目的として設置された埼玉県立の研究所である。

概要[編集]

埼玉県園芸試験場(さいたまけんえんげいしけんじょう)として1965年(昭和40年)11月に埼玉県農業試験場園芸部が分離独立し、久喜市を本場として設置されたものが始まりである。この研究所での目的は「園芸作物の品種の育成及び選定を行う」・「園芸作物の営農技術及び商品化に関する研究開発を行う」・「園芸作物に関する研究開発等を行う」とされている。久喜本館の他、鶴ヶ島市に鶴ヶ島試験地が所在する。

沿革[編集]

  • 1965年(昭和40年)11月 - 埼玉県農業試験場園芸部より埼玉県園芸試験場として独立、設立される。 本場を久喜市とし、越谷支場(越谷市)、入間川支場(狭山市)、秩父支場(秩父市)がそれぞれ設置される。
  • 1967年(昭和42年)5月 - 埼玉県組織規則の改正により越谷支場が廃止される。
  • 1968年(昭和43年)3月 - 埼玉県組織規則の改正により秩父支場が廃止される。
  • 1982年(昭和57年)3月 - 埼玉県組織規則の改正により入間川支場が廃止される。
  • 同年4月 - 鶴ヶ島市に鶴ヶ島洪積畑支場が設置される。
  • 1986年(昭和61年)3月 - 埼玉県組織規則の改正により化学部および病虫部が廃止される。
  • 同年4月 - 生物工学研究部、園芸環境部が設置される。
  • 2000年(平成12年)4月 - 農林総合研究センター園芸支所に組織変更される。
  • 同年8月 - 農林総合研究センター本所(熊谷市)より園芸支所内に農産物安全性が移転される。
  • 2001年(平成13年)4月 - 生物機能担当が園芸支所より共通部門に移管される。
  • 2003年(平成15年)4月 - 農林総合研究センター園芸支所が農林総合研究センター園芸研究所となり、設置される。植木担当が園芸研究所に移管される。
  • 2006年(平成18年)3月 - 埼玉県組織規則の改正により植木担当が廃止される。
  • 2009年(平成21年)4月 - 生産環境担当が本所病害虫防除技術担当へ統合される。
  • 2015年(平成27年)4月 - 改組により埼玉県農業技術研究センター園芸研究所となる。

所在地[編集]

アクセス[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯36度5分15.4秒 東経139度38分10.3秒