埼玉県立狭山緑陽高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
埼玉県立狭山緑陽高等学校
狭山緑陽高校 正門.jpg
過去の名称 埼玉県立狭山高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 埼玉県の旗 埼玉県
併合学校 埼玉県立狭山高等学校
埼玉県立川越高等学校(定時制)
埼玉県立豊岡高等学校(定時制)
設立年月日 2008年4月
開校記念日 4月16日
共学・別学 男女共学
課程 定時制(多部制)課程
二部以上の授業 2部制
単位制・学年制 単位制
設置学科 総合学科
学期 3学期制
高校コード 11271C
所在地 350-1320
埼玉県狭山市広瀬東4-3-1
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

埼玉県立狭山緑陽高等学校(さいたまけんりつさやまりょくようこうとうがっこう)は 埼玉県狭山市広瀬東にある男女共学の高等学校昼夜開講制のパレットスクールとして、定時制でそれぞれI部、II部があり、共に総合学科を設置。通称は緑陽高、または緑陽。

県内の県立高校としては珍しく、50mプールが備え付けられている。 しかし今はゴミ池状態で使用する予定は無し。

設置学科[編集]

  • 総合学科
    • 情報ビジネス系列
    • 健康福祉系列
    • 国際教養系列
    • 総合サイエンス系列

沿革[編集]

  • 2006年1月 開校準備室を前身の埼玉県立狭山高等学校内に設置。校長が狭山新校開設準備委員会委員長に任命。(後の狭山緑陽高校初代校長)
  • 2006年4月 狭山高校全日制募集停止
  • 2007年7月 県議会において校名が決定される
  • 2008年 生徒の募集開始。
  • 2008年4月 埼玉県立狭山高等学校(全日制定時制)、埼玉県立川越高等学校(定時制)、埼玉県立豊岡高等学校(定時制)と統合され、「埼玉県立狭山緑陽高等学校」として開校。(設置場所は狭山高校の跡地)
  • 2008年9月 管理棟の改修工事が終了(2008年7月 - )
  • 2008年11月 総合学科実習棟が完成し落成式を挙行
  • 2009年9月 特別教室棟の改修工事が終了(2009年7月 - )
    • この改修をもって狭山高校時代から引き継がれた校舎は全て改修された。

授業時間[編集]

定時制高校ではあるが、今までの定時制高校とは異なる制度を採用している。 この事については、埼玉県立戸田翔陽高等学校と共通の事である。

  • I部

10:00始業。5限と6限はII部と共通選択時間。この選択時間をいずれも履修すれば16:15に下校出来る 一般の全日制高校と同様の昼間の部といったもの。 なお、I部の生徒・教職員に給食はない。

  • II部

17:05始業。5限と6限はI部とは共通選択時間である。その場合、14:35始業。 一般の定時制高校と同様、夜間の部となる。 なお、II部の生徒・教職員には給食がある。

部活動[編集]

学校行事[編集]

  • 遠足
  • 修学旅行
  • 緑陽祭 文化祭
  • 緑陽祭 体育祭
  • 球技大会

交通[編集]

著名的な卒業生[編集]

狭山緑陽高校総合学科としての卒業生は、現在卒業生無し(平成22年度現在)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]