基臨尼師今

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
基臨尼師今
Silla-monarch(9-16).png
各種表記
ハングル 기림 이사금
漢字 基臨尼師今
発音 キリム・イサグム
日本語読み: きりん・にしきん
ローマ字 Girim Isageum
テンプレートを表示

基臨尼師今(きりん にしきん、生年不詳 - 310年)は、新羅の第15代の王(在位:298年 - 310年)であり、姓は昔氏。

第11代の助賁尼師今の孫であり、父は(昔)乞淑用飡[1][2]、母の名は伝わらない。『三国史記』新羅本紀・基臨尼師今紀の分注及び『三国遺事』王暦では基立(尼師今)とも記される。

治世[編集]

300年1月、倭国と使者を交わし、3月には楽浪・帯方[3]の2国が帰服してきた。

307年、国号を新羅に戻した[4]

在位13年にして310年6月に死去した。埋葬地は伝わらない。

脚注[編集]

  1. ^ 用飡という官位名は存在せず、「角」または「伊」の誤りであろうとされている。(→井上訳注1980 p.66)「角」であれば1等の伊伐飡(別名に角干、角餐)、「伊」であれば2等の伊尺飡(別名で伊飡)と考えられる。詳しくは新羅#官位制度を参照。
  2. ^ 『三国史記』新羅本紀・基臨尼師今紀の分注では、(昔)乞淑が助賁尼師今の孫であるともいう。
  3. ^ ここでいう楽浪・帯方は後漢西晋の郡ではなく、国名であり、黄海北道鳳山郡文井面と沙里院邑とに比定する説が有力とされる。(→井上訳注1980 p.66)
  4. ^ 新羅本紀・基臨尼師今10年(307年)条に「復国号新羅。」とあるが、基臨尼師今までの新羅本紀においては、始祖赫居世居西干即位紀において「徐那伐」と号し(紀元前57年)、第4代脱解尼師今金閼智を得たとき(64年)に「鶏林」と号したことが見えるのみである。第17代奈勿尼師今の時代に前秦に朝貢してからは「新羅」が国際的に通用する国号となったと見られているが、第22代智証麻立干の時代にも国号を「新羅」と定めたという記事が見える。

参考文献[編集]