執印友雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

執印 友雄〔惟宗 友雄〕(又三郎・左衛門太夫)は、日本の南北朝時代~室町時代の御家人。

薩摩国の武将で、新田宮執印職を務める。第6代執印氏。法名は是雄。

  • 先代:友郷 新田宮執印職・社領領主
  • 次代:友躬 新田宮執印職・遠江守