城陽スマートインターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
城陽スマートインターチェンジ(仮称)
所属路線 E1A 新名神高速道路
起点からの距離 90.9 km(四日市JCT起点)
宇治田原IC(事業中) (3.1 km)
(4.0 km) 城陽JCT/IC
接続する一般道 市道城陽スマートインター線
供用開始日 2024年令和6年)度(予定)
通行台数 平均5,600台/日(推計)
所在地 610-0111
京都府城陽市富野
テンプレートを表示

城陽スマートインターチェンジ(じょうようスマートインターチェンジ)は、京都府城陽市に事業中の新名神高速道路スマートインターチェンジ (スマートIC) である。名称は仮称である。

概要[編集]

本線直結型で[1]、利用可能車種はETC搭載の全車種で24時間運用[1]、上下線ともに出入可となる予定[1]。当スマートICの設置により地域創生や観光振興の整備効果が期待されるとしている[1]

2017年の連結許可当初は入口・出口共にETCレーンは1つのみの予定であったが、城陽井手木津川バイパスの新規事業化などが行われたことを踏まえて2019年に交通量推計を再度検証した結果、時間別休日交通量において処理能力を上回り渋滞を引き起こす可能性が高いとして、レーン数が当初の各1レーンから各2レーンに変更された[2]

道路[編集]

接続する道路[編集]

  • 市道城陽スマートインター線[3]

沿革[編集]

[編集]

E1A 新名神高速道路
宇治田原IC(事業中) - 城陽スマートIC(仮称・事業中) - (9)城陽JCT/IC(事業中)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 用地等の明渡しが順調な場合・土工工事の進捗が順調な場合。

出典[編集]

  1. ^ a b c d スマートインターチェンジの新規事業化、準備段階調査の箇所を決定 〜高速道路の有効利用や地域経済の活性化に向けて〜 (PDF)”. 国土交通省道路局 (2017年7月21日). 2019年11月25日閲覧。
  2. ^ 変更計画概要”. 城陽市. 2022年7月29日閲覧。
  3. ^ a b 城陽スマートインターチェンジの新規事業化について (PDF)”. 京都府 (2017年7月21日). 2019年11月25日閲覧。
  4. ^ E1A 新名神高速道路 大津JCT(仮称)〜城陽JCT・IC間 連絡調整会議の開催結果について”. 西日本高速道路株式会社 (2021年12月27日). 2022年2月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]