城陽インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
城陽インターチェンジ
所属路線 E24 京奈和自動車道
IC番号 1
起点からの距離 0.0km(城陽JCT/IC起点)
巨椋JCT(予定)
(1.6km) 田辺北IC
所属路線 E1A 新名神高速道路
IC番号 9
起点からの距離 94.9km(四日市JCT起点)
城陽SA(事業中)
接続する一般道 Japanese National Route Sign 0024.svg国道24号
供用開始日 1988年10月5日
通行台数 x台/日
所在地 510-1252
京都府城陽市寺田
テンプレートを表示

城陽インターチェンジ(じょうようインターチェンジ)は、京都府城陽市に位置する京奈和自動車道一般国道24号京奈道路)と新名神高速道路インターチェンジである。城陽JCT併設である。

概要[編集]

京奈和自動車道では京都側に最も近いインターチェンジである。料金所は無く、通行料金はこの先の田辺北IC、田辺西IC、精華下狛IC/TBにて支払う。

当初の一般道(国道24号)との出入口には信号機が設置されていたが、新名神高速道路の整備にともない、2017年2月11日には従来の出入口が廃止され、信号機を要さない出入口が北方に新設された[1]。新名神高速道路としての城陽ICは同年4月30日供用開始で[2]、それぞれ独立した料金所やランプが設置される。インターチェンジ構造はF型に改修される。

歴史[編集]

周辺[編集]

接続する道路[編集]

[編集]

E24 京奈和自動車道一般国道24号京奈道路
(1) 城陽JCT/IC - (2) 田辺北IC
E24 京奈和自動車道京奈北道路
巨椋JCT(予定) - (1) 城陽JCT/IC
E1A 新名神高速道路
宇治田原IC(事業中) - (9) 城陽JCT/IC - (10) 八幡京田辺JCT/IC

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 京奈和自動車道の城陽IC出入口の位置を北側に変更します 西日本高速道路株式会社 (2017年1月17日)
  2. ^ a b 新名神高速道路(城陽JCT・IC〜八幡京田辺JCT・IC間)が平成29年4月30日(日曜)に開通します 京都府域で初めて高速道路ナンバリング標識を設置します”. 西日本高速道路株式会社 (2017年3月17日). 2017年3月17日閲覧。
  3. ^ 関西支社の歴史(あゆみ)”. 西日本高速道路. 2017年2月18日閲覧。
  4. ^ 新名神高速2区間着工へ 凍結10年、採算なお疑問”. 日本経済新聞 (2012年4月7日). 2017年2月1日閲覧。
  5. ^ 高松自動車道・長崎自動車道4車線化、新名神高速道路等の事業許可について”. 西日本高速道路 (2012年4月20日). 2017年2月1日閲覧。
  6. ^ 近畿自動車道 名古屋神戸線(新名神高速道路)大津JCT~城陽JCT・IC”. 西日本高速道路. 2017年2月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]