城間清豊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
城間清豊筆『白澤之図』(沖縄県指定有形文化財)

城間 清豊(ぐすくま せいほう、万暦42年10月18日1614年11月19日) - 順治元年10月18日(1644年11月17日))は、琉球の絵師。雅号は自了。唐名は欽可聖。口と耳が不自由であったと伝えられる。自了は、歴史上、琉球の絵師では最も古い人物と言われている。絵の素質は抜群で、中国から来た冊封使・杜三策には顧愷之王維に比され、日本の狩野派の絵師・狩野安信にも絶賛された[1]

徳の高い王の治世に現れる想像上の動物である白澤を描いた『白澤之図』は、自了の絵といえる唯一の作品である。その他数点の作品が残っていたがそのほとんどが沖縄戦時に焼失した。

主な作品[編集]

以下の作品は沖縄県の有形文化財に指定されている(沖縄美ら島財団の所有)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus
  2. ^ X 国・県・市町村指定文化財 - 沖縄県教育庁文化財課『文化財課要覧(平成27年度版)』(PDF)

外部リンク[編集]