城納一昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
城納一昭
生誕 (1947-09-01) 1947年9月1日(74歳)
出身校神奈川大学法学部卒業

城納 一昭(じょうのう かずあき、1947年9月1日 - )は、日本の地方自治体広島県の元行政公務員広島県副知事などを歴任した。県庁退職後、広島の自動車会社マツダ株式会社取締役。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

1947年9月生れ、神奈川大学法学部卒業[1]後、広島県庁入庁、総務部部長を経て広島県副知事(平成19年4月1日~平成23年3月31日)、地方分権改革、行財政改革など「元気な広島県」づくりに取り組む。2015年よりマツダ取締役。[2]

略歴[編集]

  • 昭和22年(1947年)9月1日 島根県生まれ
  • 昭和45年(1970年)3月 神奈川大学法学部卒業
  • 昭和45年(1970年)4月 広島県庁 入庁
  • 平成17年(2005年)4月 広島県庁 総務企画部長
  • 平成18年(2006年)4月 広島県庁 総務部長
  • 平成19年(2007年)4月 広島県 副知事
  • 平成26年(2014年)4月 広島県農業協同組合中央会 顧問(現)
  • 平成27年(2015年)6月 マツダ株式会社 取締役(現)
  • 平成30年(2018年)4月 瑞宝中綬章受章

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]