城田じゅんじ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
城田じゅんじ
出生名 城田純二
生誕 (1949-12-30) 1949年12月30日(68歳)
出身地 日本の旗 日本静岡県
学歴 京都産業大学法学部中退
ジャンル アイリッシュ・ミュージック
フォークソング
ブルーグラス
担当楽器
バンジョー
ギター
フィドル
共同作業者 ザ・ナターシャー・セブン

城田 じゅんじ(しろた じゅんじ、本名・城田純二、1949年12月30日 - )は、日本のバンジョー演奏家のパイオニア。静岡県生まれ。京都産業大学法学部中退。

高石ともやとザ・ナターシャー・セブン(文中、ナターシャーと略)のメンバー。日本におけるアイリッシュ・ミュージックの第一人者として知られる[要出典]

音楽活動[編集]

ナターシャーの前身である、バックステップ・カントリー・バンドの頃から高石ともやと活動。

1970年代を通してナターシャーとして活躍していたが1980年代に入りグループは活動停止。城田は坂庭省悟との活動は継続しつつ、やがて活動の拠点をアメリカに移す(1986年)。

ザ・ナターシャーセブンを結成以後渡米まで、ブルーグラススタイルの五弦バンジョー奏者として日本各地にその種を蒔き続けた。渡米後は、アルバイトを余儀なくされる苦境にありながら、世界的なバンジョープレイヤーとしての地位を勝ち得る[要出典]

本格的にアイリッシュ・ミュージックに取り組みはじめたのは1991年頃。アイルランドクレア地方のトラッドを継承するアコーディオン奏者アンドリュー・マクナマラにその感性と技術を認められ、ギター奏者としてアイリッシュ・ミュージシャンの仲間入りをした。自らのアイディアによって結成したバンド「ジョディース・ヘブン」(ジャック・ギルダーデイル・ラスとのトリオ)は1997年、全米におけるケルティック音楽のCD部門デブロンズ・プライズを獲得(「Jodey’s Heaven」)。そのユニークな、トラディッショナル・ アイリッシュ・ミュージックに精通したギタースタイルが脚光を浴びる[要出典]

以降、アンドリュー・マクナマラマーティン・ヘイズパディ・キーナンノエル・ヒルトミー・ピープルズフランキー・ギャヴィントニー・マクマホンブレンダン・ベグリーなど、アイリッシュ・ミュージックにおける主要人物の伴奏者として君臨する。毎年夏の音楽シーズンには、アイルランドに長期滞在。彼らとのセッションやコンサートを精力的に開いている。

2011年7月10日、京都・円山音楽堂で開催された「最後の宵々山コンサート」に、ザ・ナターシャー・セブンとして登場し、高石ともやらと一緒に演奏。

2012年以降、高石ともやと二人で「ザ・ナターシャー・セブン The next chapter」と題してナターシャー・セブンの足跡を辿る音楽会を5回の予定で連続公演中。

代表的なソロアルバムは「Soft Shoes」(東芝EMI)。サブタイトルは「城田じゅんじ from THE NATARSHER SEVEN」。

アイリッシュ・ミュージックのソロアルバムに「Music from Distant Shore」「From There to Clare」などがある。

そのほか「Keep Her Lit!」「Music In The Air」「The Rambler」「Through The Wood」など。

エア・ジャパン(イーリアンパイプスのパディ・キ-ナン、フィドルのフランキ-・ギャビン、ギター&バンジョーの城田純二)のCD「Eire Japan」を2015年に発売。

脚注[編集]

外部リンク[編集]