城平京

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
城平 京
(しろだいら きょう)
誕生 (1974-06-15) 1974年6月15日(45歳)
日本の旗 日本奈良県
職業 小説家推理作家漫画原作者
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士
最終学歴 大阪市立大学卒業
ジャンル ミステリ
代表作虚構推理 鋼人七瀬
主な受賞歴 本格ミステリ大賞
デビュー作名探偵に薔薇を
テンプレートを表示

城平 京(しろだいら きょう、1974年6月15日 - )は、日本推理作家漫画原作者奈良県出身[1]大阪市立大学卒業[2]

第8回鮎川哲也賞最終候補作『名探偵に薔薇を』(創元推理文庫)にて、長編ミステリデビュー。その後、漫画『スパイラル 〜推理の絆〜』(『月刊少年ガンガン』連載)の原作を手がけ、大ヒットシリーズとなる。2012年、『虚構推理 鋼人七瀬』で第12回本格ミステリ大賞受賞。

筆名は平城京のもじり。海中無脊椎動物をこよなく愛する。自画像はクラゲ。

作品リスト[編集]

小説[編集]

  • 名探偵に薔薇を(1998年7月 創元推理文庫
  • 小説 スパイラル〜推理の絆〜 ソードマスターの犯罪(2001年3月 エニックス
  • 小説 スパイラル〜推理の絆〜2 鋼鉄番長の密室(2002年3月 エニックス)
  • 小説 スパイラル〜推理の絆〜3 エリアス・ザウエルの人喰いピアノ(2003年3月 エニックス)
  • 小説 スパイラル〜推理の絆〜4 幸福の終わり、終わりの幸福(2004年3月 エニックス)
  • 虚構推理 鋼人七瀬(2011年5月 講談社ノベルス
  • 雨の日も神様と相撲を(2016年1月 講談社タイガ)
  • 虚構推理短編集 岩永琴子の出現(2018年12月 講談社タイガ)
    • 収録作品:ヌシの大蛇は聞いていた / うなぎ屋の幸運日 / 電撃のピノッキオ、あるいは星に願いを / ギロチン三四郎 / 幻の自販機
  • 虚構推理 スリーピング・マーダー(2019年6月 講談社タイガ)

単行本未収録作品[編集]

  • 本格推理〈10〉独創の殺人鬼たち / 鮎川哲也編集(城平京作品「飢えた天使」を収録)
  • 創元推理〈18号〉丑三つ時から夜明けまで(城平京作品「夕べにはパズルめいて」を収録)

漫画原作[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『虚構推理 鋼人七瀬』 城平京|あとがきのあとがき|webメフィスト|講談社ノベルス|講談社BOOK倶楽部
  2. ^ 卒業生にミステリ大賞 本格ミステリ作家クラブ