城島高次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

城島 高次(じょうじま たかつぐ、1890年明治23年)6月20日 - 1967年昭和42年)10月9日)は、日本海軍軍人。最終階級は海軍少将

経歴[編集]

佐賀県出身。佐賀中学校を経て、1912年(明治45年)7月、 海軍兵学校40期)を卒業し、海軍大学校航海科で学んだ。

満州分隊長、運送艦「高崎」・敷設艦「勝力」・「若宮」・給油艦「尻矢」・「龍田」の各航海長、第1遣外艦隊付、「名取」「阿武隈」「羽黒」「加賀」の各航海長などを歴任。

さらに、「能登呂」「長良」「青葉」「霧島」の各副長、給油艦「鶴見」・「鳳翔」の各艦長呉海軍航空隊司令、「翔鶴艤装員長・初代艦長として真珠湾攻撃に参加。1942年(昭和17年)5月、海軍少将に昇進。

以後、連合艦隊司令部付、第11航空戦隊司令官、第50航空戦隊司令官、第2航空戦隊司令官、第21航空戦隊司令官、第11連合航空戦隊司令官、第12連合航空戦隊司令官、第12航空戦隊司令官などを歴任し、1945年(昭和20年)9月、予備役に編入された。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 福川秀樹『日本海軍将官辞典』芙蓉書房出版、2000年。