城山城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
logo
城山城
兵庫県
城山城本丸跡
城山城本丸跡
城郭構造 <古代>神籠石式山城
<中世>連郭式山城
天守構造 <古代>なし
<中世>建造されず
築城主 <古代>伝・大和朝廷が有力
<中世>赤松則祐
築城年 <古代>7世紀後半か
<中世>南北朝時代14世紀中期)[1]
主な城主 <古代>不明
<中世>赤松氏山名氏尼子氏
廃城年 <古代>不明
<中世>天文9年(1540年
遺構 曲輪、石垣、土塁、礎石など
位置 北緯34度53分38.212秒
東経134度31分38.264秒

城山城(きのやまじょう)は正平7年/文和元年(1352年)に赤松則祐築城した播磨日本の城兵庫県たつの市の亀山(きのやま)(標高458m)の山頂にあった。

元々この山には663年白村江の戦いで敗れた大和朝廷新羅の侵攻に備えて築城した古代山城があった。

沿革[編集]

そもそも赤松氏の居城は則祐の父赤松円心が築いた白旗城であったが、播磨の西に寄りすぎていたため、新たな居城として則祐が正平7年/文和元年から10年以上の歳月をかけ、この兵庫県下屈指の山城を築いた。麓には則祐・義則の2代にわたる守護所、「越部守護屋形」があった。

嘉吉元年(1441年)に起きた嘉吉の乱の際、赤松満祐(義則の子)は当初はこの時分の守護所である坂本城に籠って室町幕府軍を迎え撃とうとしたのだが、坂本城では長期の籠城戦には耐えられないと判断し要害である城山城に移動した。が、9月8日には山名宗全と幕府に味方した赤松満政の軍に包囲され、翌9日に攻撃を受けた。それを受けて籠城していた満祐の弟赤松義雅は嫡男の千代丸と共に満政に降伏、義雅は千代丸を満政に預けて自害した。その一方で満祐と義雅の甥赤松則尚は逃亡に成功している。10日には総攻撃が行われ、満祐は嫡子教康や弟則繁らを逃がし、一族69名とともに自害して城は落城した。

その後、山名宗全の統治を経て再び赤松氏の城となったが天文年間に尼子晴久に攻め込まれて陥落し、播磨攻略の拠点とされた。しかし、尼子軍が撤退するといつしか廃城となった。

現在、嘉吉の乱による城山落城の際に討ち死にした赤松一族らの供養塔が本丸跡や麓の集落に多数建てられ、赤松一族の霊を弔うための盆供養、さいれん坊主が毎年8月14・15日に行われ、たつの市無形文化財に指定されて、赤松一族の末裔らによるさいれん坊主保存会によって祭礼の伝承がなされている。

周辺[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 正平7年/文和元年(1352年)築城開始

参考文献[編集]

  • 播磨学研究所編『赤松一族 八人の素顔』神戸新聞総合出版センター、2011年。

関連項目[編集]