城山三郎経済小説大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

城山三郎経済小説大賞(しろやまさぶろうけいざいしょうせつたいしょう)は、経済小説を対象とする、かつて存在した公募新人賞である。主催はダイヤモンド社

2004年からダイヤモンド経済小説大賞として3回続いた後、経済小説の大家である城山三郎の名をとり、城山三郎経済小説大賞に発展・改称したが、4回をもって終了した。ここではダイヤモンド経済小説大賞についても説明する。

概要[編集]

日本語で書かれた未発表の経済小説を募集する。枚数は400字詰め原稿用紙換算で300枚から800枚。プロ・アマは問わない。受賞者には表彰状と記念品、ならびに副賞の賞金300万円が与えられる。

選考委員[編集]

城山三郎経済小説大賞

受賞作リスト[編集]

受賞作はダイヤモンド社より四六判ハードカバーで刊行される。

ダイヤモンド経済小説大賞[編集]

第1回
  • 滝沢隆一郎『内部告発者』(2004年7月刊/角川文庫 2008年4月)
    • 優秀賞 大塚将司『謀略銀行』(2004年7月刊/角川文庫 2007年3月)
    • 優秀賞 汐見薫『白い手の残像』(2004年7月刊/幻冬舎文庫 2011年12月)
    • 佳作 北岳登『虚飾のメディア』(2004年12刊)
第2回
  • 相場英雄『デフォルト 債務不履行』(2005年10月刊/角川文庫 2007年11月)
    • 優秀賞 阿川大樹『覇権の標的(ターゲット)』(2005年12月刊)
第3回
  • 志摩峻『ザ・リコール』(2006年9月刊) - 静山社文庫版(2011年2月)刊行時に『隠蔽工作』に改題

城山三郎経済小説大賞[編集]

第1回
  • 松村美香『ロロ・ジョングランの歌声』(2009年3月刊) - 角川文庫版(2012年4月)刊行時に『利権聖域 ロロ・ジョングランの歌声』に改題
第2回
  • 熊谷敬太郎『ピコラエヴィッチ紙幣 日本人が発行したルーブル札の謎』(2009年10月刊)
第3回
  • 指方恭一郎『銭の弾もて秀吉を撃て ――海商 島井宗室』(2011年7月刊)
  • 深井律夫『黄土の疾風』(2011年7月刊)
第4回(2012年12月発表)

外部リンク[編集]