垂直応力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

垂直応力(すいちょくおうりょく、: normal stress)とは、固体内部のある面の垂直方向に作用する応力のこと。固体に外力P が作用するとき、外力P に垂直な面による固体の断面積をA とすると、その面における垂直応力σは

で表される。

静止状態にある流体には垂直応力のみが作用しており、せん断応力は存在しない。

垂直応力が押し合う場合を圧力、引き合う場合を張力という。[1]

脚注[編集]

  1. ^ 「理学工学基礎物理学」閲覧

関連項目[編集]

  • せん断応力 - 固体内部のある面に平行に、固体をすべらせるように作用する応力