垂井一里塚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
垂井一里塚
Tarui Ichirizuka 01.jpg
現存する南側
座標 北緯35度22分14.6秒 東経136度30分42.2秒 / 北緯35.370722度 東経136.511722度 / 35.370722; 136.511722座標: 北緯35度22分14.6秒 東経136度30分42.2秒 / 北緯35.370722度 東経136.511722度 / 35.370722; 136.511722
区分 国の史跡
登録日 1930年(昭和5年)10月3日

垂井一里塚(たるいいちりづか)は、岐阜県不破郡垂井町にある一里塚である。中山道沿いに設置され、日本橋から112里にある。南側の1基のみが現存している。中山道の一里塚で国の史跡に指定されている2件のうちの1つである(他の1件は志村一里塚)。一里塚の整備以前に行われた関ヶ原の戦いでは、この場所に浅野幸長が陣をかまえた。

歴史[編集]

周辺[編集]

アクセス[編集]

公共交通機関[編集]

[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 国指定文化財データベース”. 国指定文化財等データベース(文化庁). 2017年2月5日閲覧。

参考文献[編集]

  • 不破郡教育振興会『不破のあゆみ(社会科副読本)』2011年、不破郡教育振興会、146,147頁、152,153頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]