坊門忠信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
坊門忠信
時代 鎌倉時代前期
生誕 承元元年(1187年
死没 不明
改名 忠信→道珍(法名)
別名 信能
官位 正二位大納言
主君 土御門天皇順徳天皇仲恭天皇
氏族 坊門家
父母 父:坊門信清、母:藤原定能
兄弟 忠清忠信信子輔平九条良輔室、四条隆衡室、位子、有信清顕
坊門局、源雅親室、藤原伊時室、
別当局、女子二人
舞女、藤原親能
基信長信範信信朝、清乗、女子
養子:水無瀬信成
テンプレートを表示

坊門 忠信(ぼうもん ただのぶ)は、鎌倉時代前期の公卿歌人。名は信能とも。内大臣坊門信清の長男。官位正二位大納言

経歴[編集]

建永2年(1207年参議建保6年(1218年)権大納言。後鳥羽天皇・順徳天皇の寵臣として仕える。承久元年(1219年)正月、義弟・源実朝右大臣拝賀式のため鎌倉へ下向し、実朝暗殺の現場を目の当たりにしている。

承久3年(1221年)6月、実朝亡き後の鎌倉幕府と対立した後鳥羽上皇が幕府打倒の兵を挙げた承久の乱では、上皇方の大将軍として出陣した。しかし、上皇方の敗北により首謀者して捕らえられ、千葉胤綱に身柄を預けられる。処刑のため関東へ連行されたが、源実朝に嫁いでいた妹・信子の嘆願により助命され、遠江国よりへ戻って、同年7月出家した。その後幕府の処置により越後国流罪となる。まもなく赦免されて帰京し、太秦の辺りに籠居した。寛喜2年(1230年)の春には都へ戻り、一条大宮に居住している。

勅撰歌人として新勅撰和歌集(5首)以下の勅撰和歌集に11首が入首しており[1]嘉禄2年(1236年)の後鳥羽院の遠流歌合に道珍の法名で参加している。

没年は不明だが、暦仁元年(1238年)までは存命している。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『勅撰作者部類』

出典[編集]