坊勢汽船

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
坊勢汽船株式会社
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
672-8063
兵庫県姫路市飾磨区須加294
業種 海運業
法人番号 5140001062541 ウィキデータを編集
事業内容 定期旅客船航路事業
主要子会社 坊勢貨物株式会社
外部リンク http://www.bouze-kisen.sakura.ne.jp/
テンプレートを表示

坊勢汽船株式会社(ぼうぜきせん)は、兵庫県姫路市海運会社姫路港家島諸島を結ぶ航路を運航している。

概要[編集]

姫路港から坊勢島へ旅客船を運航している。一部便は男鹿島に寄港するほか、兵庫県立いえしま自然体験センターの利用者限定で西島へ寄港する。貨物フェリーも運航しており、坊勢島・男鹿島・西島のほか家島も発着するが、島の南側の網手港を使用している。

2001年3月、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの開業に合わせて、「神戸ヴィーナスライン」として神戸港中突堤とUSJを結ぶ航路の運航を開始したが、当初6往復を5月16日には4往復に減便、6月13日より運休となり、短期間で撤退した。

航路[編集]

旅客船[編集]

  • 姫路港 - 男鹿島 - 坊勢島
6時台から20時台まで7往復を運航、4往復は男鹿島に寄港する。
兵庫県立いえしま自然体験センターの利用者の申し込みがあった場合、西島のいえしま自然体験センター桟橋に寄港する。

貨物船[編集]

  • 姫路港 - 坊勢島・男鹿島・家島(網手港)・西島
不定期便、平日のみ運航。

船舶[編集]

運航中の船舶[編集]

旅客船[編集]

  • クイーンぼうぜ
1997年6月就航、讃岐造船鉄工所建造
2013年3月、交通エコロジー・モビリティ財団の助成によりトイレ・客席のバリアフリー化を実施、2014年2月、機関換装を実施
173総トン、全長34.50m、型幅8.50m、深さ2.81m、ディーゼル2基、機関出力3,000PS、航海速力22ノット、旅客定員394名(1.5時間未満)209名(6時間未満)
  • ぼうぜ1
1999年9月就航 (有)アルシップ建造
19総トン、全長19.80m、幅4.40m、深さ1.37m、ディーゼル2基、機関出力1,366PS、航海速力23ノット、旅客定員104名
  • ぼうぜ2 興和クラフト(有)建造
2009年2月3日就航
19総トン、全長22.16m、幅4.50m、深さ1.43m、ディーゼル2基、機関出力1,730PS、航海速力22ノット、旅客定員87名

貨物船[編集]

いずれも船首にランプを有する貨物フェリーである。

  • 第十八ぼうぜ丸
元・勝連海運合名会社【ニューつけん】
96総トン、全長29.51m、幅7.00m、深さ2.27m、ディーゼル2基、機関出力1016PS、航海速力9.0ノット
  • 第二十ぼうぜ丸
98総トン、全長28.50m、幅9.00m、深さ2.60m、ディーゼル1基、機関出力900PS、航海速力8.5ノット
  • 第八ぼうぜ丸
元・南九船舶【フェリーなんきゅう2】
19総トン、全長21.16m、幅5.50m、深さ1.58m、ディーゼル2基、機関出力1146PS、航海速力11.0ノット

過去の船舶[編集]

旅客船[編集]

  • シーホーク
1988年竣工、三保造船所 (大阪府)建造。2009年三原観光汽船へ売却、現在は弓場汽船で就航中。
19総トン
  • ニューぼうぜ
1996年12月19日に姫路港沖で火災事故を起こして廃船
75総トン、全長27.50m、幅5.50m、深さ2.31m
  • プリンセスぼうぜ
177総トン

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]