坂間勇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

坂間 勇(さかま いさむ、1935年 - 2008年8月8日)は、日本の物理学者。元茨城大学助教授駿台予備学校講師。

人物[編集]

東京都渋谷生まれ。東京都立戸山高等学校を経て、1957年東京工業大学理学部物理学科卒、1959年同大学院修士課程修了(専攻分野は、素粒子原子核)。血液型はB型

茨城大学助教授を経て、駿台で教鞭をとった。物理の本質を教える授業をモットーとしていた。参考書としては、解説に微積を多用した難関校向けのものが多い。

著書[編集]

  • 谷藤祐山本義隆)『大学入試必修物理(上)』(駿台文庫、1979年)
  • (谷藤祐、山本義隆)『大学入試必修物理(下)』(駿台文庫、1980年)
  • 『物理に関する10話 (駿台レクチャー叢書)』(駿台文庫、1989年)
  • 『現代の物理学―大学へのスーパー物理 (力学編)』(駿台文庫、2000年)
  • 『難関校突破のための物理特講90』(旺文社、1985年)
  • 『特ゼミ 坂間の物理』(旺文社、1990年)旺文社オンデマンド出版のみの取り扱い
  • 『現代物理学小辞典』(講談社