坂部武夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

坂部 武夫(さかべ たけお、1921年大正10年)1月15日 - 1987年昭和62年)1月26日[1])は、日本の実業家旭硝子(現AGC)社長や、同社会長を務めた。

人物・経歴[編集]

広島県福山市出身[1]旧制広島高校を経て1943年東京帝国大学法学部政治学科卒業、旭硝子入社。1975年取締役総務部長に昇格[2]。1981年から社長を務めた[3]健康悪化により1987年1月には会長に退いたが、まもなく肺炎のため死去した[4][5][1]。享年66[6]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『ジャパンWho was who 物故者事典1983?1987』(日外アソシエーツ、1988年)p.273
  2. ^ 旭硝子第49期有価証券報告書東京大学
  3. ^ 歴代社長旭硝子
  4. ^ 「トップ社員もニコニコ長歩き」,邑井操『なぜこの人は成功するのか』
  5. ^ 「旭硝子(株)『旭硝子100年の歩み : 伝統・創造・革新. 資料編』(2007.09)」渋沢社史データベース
  6. ^ 「社長の死亡年齢」,箱田忠昭『時間革命 -- 心にゆとりのある人間ほど仕事ができる』
先代:
山下秀明
旭硝子社長
1981年 - 1987年
次代:
古本次郎