坂田昌亮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

坂田 昌亮(さかた まさあき、1890年5月17日 - 1960年12月24日)は、日本の技術者、政治家。内務省技師、満州国交通部技監などを務めて土木行政に携わったのち、八代市長荒尾市長を歴任、2つの地方工業都市の首長を務め、戦後の復興に尽力した。

経歴[編集]

熊本県八代郡八代町(現在の八代市)出身。1913年(大正2年)、東京帝国大学工科大学土木工学科を卒業[1]

大学卒業後、内務省土木局の技師となり、1917年(大正6年)、最上川改修、酒田築港の任に当たった[2]

1937年(昭和12年)より、満州国へ赴任、道路司長、技監として哈大道路の建設など、道路行政に携わった[3]。終戦前に本土に引き上げ、一時神戸市港湾局長を務めた。

1947年(昭和22年)、民選初の八代市長に選出された。都市計画など市の戦後復興に努めたが、2期目続投を目指した市長選で落選した。

1952年(昭和27年)、荒尾市長に選出された。市の労働会館、運動公園、道路網の整備などを行い、戦災によって荒廃した炭鉱都市の復興に努めた[4]。3期目の任期中に死去。

著書[編集]

中村左衛門太郎; 坂田昌亮 『熊本の治水策;水害と白川改修の方策』 熊本日日新聞社、1953年NCID BA48124196 

出典[編集]

  1. ^ 熊本日日新聞社編集局 『熊本昭和史年表』 熊本日日新聞社、1976年ASIN B000J9DMI4 440頁。
  2. ^ 最上川河口史”. (有)サカタ志田工務店. 2016年1月9日閲覧。
  3. ^ 橋本政子「満洲国 哈大道路に関する史的研究」、『土木学会論文集D2(土木史)』第70巻第1号、公益社団法人土木学会2014年、 43-52頁、 doi:10.2208/jscejhsce.70.43
  4. ^ 熊本日日新聞社編集局 『熊本昭和史年表』 熊本日日新聞社、1976年ASIN B000J9DMI4 440頁。