坂田古典音楽研究所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
坂田古典音楽研究所
Mingaku-2008-04-27.JPG
坂田古典音楽研究所のメンバーによるレクチャーコンサート。2008.4.27,姫路文学館
基本情報
出身地 日本の旗 日本
ジャンル 音楽
公式サイト http://www.sakatakoten.com/

坂田古典音楽研究所(さかたこてんおんがくけんきゅうじょ)は、東京都にある音楽団体。和漢洋(日本・中国のほかに主にヨーロッパ)の古典音楽の研究調査、復元演奏・指導、レクチャーコンサートなどを行っている。

沿革・概要[編集]

日本・中国・ヨーロッパの古典音楽について、学術的な研究とあわせて、演奏や演奏指導も行っている。演奏は、数百年以上も前の古楽器(実物)を多数とりそろえ、それらを資料にもとづき正確に再現した復元楽器と併用して、古楽譜(琴譜や工尺譜など)にもとづいている。
古楽に関する文献研究や、各種調査などの委嘱も受け付けている。

組織[編集]

研究所の組織は、以下のような「班」に分かれている。同一の人間で複数の「班」「会」に属しているメンバーも多い。
東京琴社(とうきょうきんしゃ)
東洋の文人音楽の正統を受け継ぐ古琴の演奏・研究のための結社。日中両国の琴学研究と琴人相互の扶助を行っている。この結社を母体として、以下の小組織がある。
(1)東京琴社絲竹班
 中国の伝統音楽(江南絲竹などを含む)の研究・演奏・指導を行う。
(2)東京琴社邦楽班
 邦楽の古典音楽(日本の胡弓などを含む)の研究・演奏・指導を行う。
(3)東京琴社洋楽班
 ヨーロッパの古典音楽(古楽シュランメル音楽コンサーティーナの楽曲などを含む)の研究・演奏・指導を行う。
(4)湯島聖堂古典音楽班
 湯島聖堂の文化講座で中国古典楽器の演奏を指導。また湯島聖堂の大成殿で毎月一回、日曜日の午後に、無料の公開コンサートを行う。
(5)明清音楽研究会
 江戸の中期から幕末にかけて日本でも流行した明清楽の研究と復元演奏を行う。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]