坂氏 (人物)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

坂氏(さかし、? - 天正11年(1583年4月)は、安土桃山時代女性織田信長側室。名は不詳。

生涯[編集]

信長の側室となった時期、出自等は不明である[1]。信長との間に永禄元年(1558年)に信孝を出産した(日付は4月4日とされ、場所は熱田の岡本良勝の屋敷といわれる)[1]。次男信雄より信孝が20日早く生まれていたにもかかわらず、坂氏より信雄の母が正室的立場で、身分の差により信長への報告を遅れさせ、出生順位を置き換えられ三男扱いされたとの説があるが、事実かは定かではない[2][注釈 1][1]

永禄11年(1568年)に信孝が伊勢神戸具盛の養子になると、それに同道した。この時に同族と思われる坂仙斎が信孝付の家臣となっている[1]。天正8年(1580年)6月29日、朝廷から杉原紙や練香を下賜されているが、何故下賜されたのかは不明である[1]。天正10年(1582年)6月に信長が本能寺の変で死去すると、美濃岐阜城主となった信孝に従い美濃に移った[1]。信孝は柴田勝家と結んで羽柴秀吉と敵対し、12月に秀吉に岐阜城を攻められて降伏した際に、坂氏は信孝の娘と共に人質となった(『兼見卿記』)。

天正11年(1583年)4月、信孝が勝家と結んで再挙兵したため、秀吉により孫娘と共ににされた[4](『北畠物語』)。

坂氏は一定の政治力があったようで、朝廷から杉原紙などを下賜されたことに加え、秀吉の人質だった天正11年(1583年)3月5日に禁裏に蚊帳を、誠仁親王に酒と美濃紙を献上するなど[注釈 2]、秀吉・信雄に対する朝廷工作を秘密裏に働きかけていることが確認されている。

脚注[編集]

注釈
  1. ^ 「神戸録」、 「北畠物語」などの史料性のない書籍の記述で疑わしい[3]
  2. ^ 御湯殿の上の日記』にさん七母とある。
出典
  1. ^ a b c d e f 岡田 1999, p. 163
  2. ^ 小和田 1991, pp. 116.
  3. ^ 谷口 2005, p. 248.
  4. ^ 小和田 1991, pp. 132-133.

参考文献[編集]