坂本紅蓮洞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
年月不明

坂本 紅蓮洞(さかもと ぐれんどう、1866年慶応2年)9月?日 - 1925年大正14年)12月16日[1])は、明治・大正期の文芸評論家新聞記者、放浪生活者。本名は易徳。肩書きは「奇人[2]。のらりくらりと放浪生活に身をやつし、酒に酔っては毒舌を弄し、窮乏のうちに死んだ「文壇名物男」であった[1]

経歴[編集]

武蔵国江戸生まれ。旧小田原藩士の家系に生まれる[3]

慶應義塾大学に学ぶ。同期に福澤桃介がいた[1]。明治21年(1888年)、部理財科を優秀な成績で卒業、その後、明治23年(1890年)に大学部の創設を期に文学科に入るが、女義太夫の竹本綾之助に夢中になり、勉学を疎かにしたために落第[3]。立教中学の代用教員を務めるなど、「数学の天才」ぶりを発揮し色々な学校で教えるが、その授業が苛烈だったため数々の学校を追われ[4]、新聞記者に転向。国木田独歩率いる近事画報社に入り浸り、『美観画報』の編集者となる。

明治36年(1903年)に与謝野鉄幹が主催する新詩社に入り、機関紙『明星』に「文芸家の表彰に就いて」を寄稿。帝国芸術院をイメージした芸位令の制定を最も早い時期で唱えるなどした[5]。このころ、鉄幹より「紅蓮洞」の名をもらったという[4]。歌人の吉井勇を誘い出して飲み歩くようになり、数々の奇行が始まり、文壇の名物男として知れ渡るようになる。『明星』にはさらに「江東町人言」(明治39)を発表。その他の作品に「文壇立志篇」などがある[1]

北村透谷を連れて、小学校時代の事務員で「月謝の先生」と呼ばれていた磯田老人の経営する撃剣道場へ入門。読売新聞に40回に渡り、「文壇垣硯き」を連載。三田文学会では永井荷風と仲が悪かったという。武林無想庵をはじめ、様々な文士の家の居候となり[4]、また、長谷川時雨は甥の仁(当時小学生)の算術家庭教師に紅蓮洞をつけた[6]

重体に陥った紅蓮洞を支援するため、大正14年(1925年)8月に吉井勇、長田秀雄らが発起人となって[7]、中央新聞社内[8]に紅蓮洞の病気治療基金を募る「紅蓮洞後援会」が起こされ[9]岡本綺堂坪内逍遥など文士たちが募金。しかしその甲斐もなく、12月16日に没。

守田有秋は坂本紅蓮洞、内村鑑三堺利彦を「わが三尊」として書き、また、与謝野晶子は「坂本紅蓮洞さん」という詩で「わが知れる芸術家の集まりて、女と酒とのある処、ぐれんどうの命必ず暴風の如き来りて罵り合う」と詠んでいる。

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 日本近代文学館編『日本近代文学大事典』第二巻、p95、講談社、1977年11月
  2. ^ 『明治人物逸話辞典 上』
  3. ^ a b c 佐々木、2010
  4. ^ a b c 山本夏彦『無想庵物語』
  5. ^ 『日本アナキズム運動人名事典』
  6. ^ 岩橋邦枝『評伝長谷川時雨』、講談社文芸文庫、1999年11月
  7. ^ 『20世紀ニッポン異能・偉才100人』
  8. ^ 『未刊・坪内逍遥資料集』第3巻、財団法人逍遥協会、2001年11月
  9. ^ 『岡本綺堂日記』、青蛙房、昭和62年12月

参考文献[編集]

  • 日本アナキズム運動人名事典編集委員会編『日本アナキズム運動人名事典』、ぱる出版、2004年5月 ISBN 482720098X
  • 『20世紀ニッポン異能・偉才100人』、朝日新聞社、1993年11月
  • 佐々木光「慶應義塾を愛した紅蓮洞・坂本易徳--「福澤関係文書」でたどる、文壇名物男 その若き三田時代」、三田評論、2010年4月