坂本祐祈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

坂本祐祈(さかもと ゆき、Yuki Sakamoto1984年11月2日 - )は、日本女優、元フリーアナウンサー

名前の「しめすへん」は「ネ」ではなく「示」。

来歴・人物[編集]

広島県出身。広島女学院中学校・高等学校上智大学法学部法律学科を卒業。2007年日本テレビにアナウンサー職内定を辞退し営業職に入社する(夏目三久と同期だった)。同年10月に日本テレビを退職し、以後セント・フォース所属のフリーアナウンサーとしてフジテレビTBSNHKなどの番組で活躍した。2011年9月30日深夜をもってTBS『ビジネス・クリック』を降板するとともに所属していたセント・フォースを退社、同年10月1日付の公式ブログ(外部リンク参照)でヒラタオフィスに移籍し、今後は女優業を中心に幅広く活動していくことを表明した。2013年9月よりマイスタイルに移籍。木村ひさし監督による連続ドラマ「革命ステーション5+25」の主演を機に、NHK「Q.E.D.証明終了」、BS日テレ「わるいやつら」等に出演。舞台では森浩美原作の家族草子、藤間勘十郎脚本、演出の時代劇「玉藻前」で主演を務める。2017年より拠点をハリウッドに移し活動を開始。現在の所属事務所はAmuse Group USA。2018年6月より「ジーンライフ」コマーシャルで日本人記者役としてニューヨークヤンキース田中将大選手と共演中。

出演・担当番組など[編集]

テレビ[編集]

テレビドラマ[編集]

インターネット[編集]

舞台[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

  1. ^ Amuse Group USA” (英語). Amuse Group USA. 2018年6月16日閲覧。