坂本村 (愛媛県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
さかもとむら
坂本村
廃止日 1956年9月30日
廃止理由 新設合併
坂本村荏原村久谷村
現在の自治体 松山市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 四国地方
中国・四国地方
都道府県 愛媛県
温泉郡
団体コード 消滅時制度なし
総人口 2923
(1955年)
隣接自治体 荏原村重信町久万町父二峰村砥部町(廃止時)
坂本村役場
所在地 制度なし
愛媛県温泉郡坂本村大字久谷
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

坂本村(さかもとむら)は、1956年昭和31年)まで愛媛県温泉郡にあったであり、現在の松山市の最南部、三坂峠の麓に位置する。

地理[編集]

現在の松山市の最南部。重信川の支流の一つである御坂川、及び同川支流の久谷川が北流し、その流域。河川に沿って狭小な平地があるほかは山地である。南端には黒森山がそぴえ、上浮穴郡との境となっている。

地名の由来
土佐街道の難所、三坂峠の麓にあたるため「坂下」と呼んだのが、次第に「坂本」と呼ばれるようになったものといわれる。

歴史[編集]

古代

  • 荏原郷に属した。村内に戦国期の勝山城跡と葛懸(葛掛とも書く)城跡がある。

藩政期

  • 松山藩領。
  • 享保7年 - 久谷村において享保年間に松山藩の命によりの植え付けが行なわれた。
  • 享保8年 - 久谷村、窪野村が藩の命により久万山分に属すことになったが、領民は反発。

明治以降

坂本村の系譜
(町村制実施以前の村) (明治期)
窪野  ━━┓
久谷  ━━╋━━━━━ 坂本村   ━━━┓ 
浄瑠璃寺━━┛              ┃(昭和31年9月30日合併)
                     ┣━━ 久谷村 ━━┓
                      ┃         ┃
             荏原村  ━━━┛     昭和43年10月25日松山市に編入

(注記)荏原村成立以前の系譜については、同村の記事を参照のこと。

地域[編集]

窪野(くぼの)、久谷(くたに)、浄瑠璃寺(じょうるりじ)の3つの大字があった。いずれも明治の村制発足前からの旧村であり、久谷村になっても大字として存続した。

役場は大字久谷においた。

行政[編集]

役場 
大字久谷においた。

交通[編集]

土佐街道沿線、浄瑠璃寺があり、遍路道にもあたり、遍路宿が残されている。

関連項目[編集]