坂本政均

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

坂本 政均(さかもと まさひら[1]1831年12月7日(天保2年11月4日[1][2])- 1890年明治23年)1月15日[1])は、幕末幕臣、明治期の司法官元老院議官。旧姓・赤井、通称・三郎[1]。「阪本」と表記される場合がある[3]

経歴[編集]

高松藩儒・赤井東海の第三子として生まれ、幕臣・坂本敬水、かよ夫妻の養子となる[1][4]杉田玄端緒方洪庵、広瀬玄恭などから蘭学を学んだ[3][4]

明治政府に出仕し、慶応4年6月23日1868年8月11日)民政裁判所留役に就任[1]。以後、同組頭、会計官権判事、大蔵少丞、民部少丞、大蔵権大丞などを歴任[1]

明治3年11月20日1871年1月10日)刑部省に転じ大解部に就任[1]。以後、司法大解部、同少判事、同権中判事、同中判事、大坂裁判所在勤、京都裁判所長、四等判事、鶴岡裁判所長、米沢裁判所長、福島裁判所長、判事、宮城上等裁判所長心得、広島控訴裁判所長、大審院詰、高等法院予備裁判官、同陪席裁判官、法律諮問会員などを務めた[1]

1886年5月10日、元老院議官に就任し[1]、1890年1月、在任中に病のため死去した[1][3][4]

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 『国立公文書館所蔵 勅奏任官履歴原書 上巻』467-472頁。
  2. ^ 『明治過去帳』新訂初版、294頁では「天保2月12月」。
  3. ^ a b c 『明治過去帳』新訂初版、294頁「阪本政均」。
  4. ^ a b c 『日本人名大事典』第3巻、75頁。
  5. ^ 『官報』第718号「賞勲叙任」1885年11月20日。

参考文献[編集]

  • 大植四郎編『明治過去帳』新訂初版、東京美術、1971年(原著私家版1935年)。
  • 『日本人名大事典』第3巻、平凡社、1979年(『新撰大人名辞典』(昭和12年刊)の改題複製)。
  • 我部政男・広瀬順晧編『国立公文書館所蔵 勅奏任官履歴原書 上巻』柏書房、1995年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。