坂本公延

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

坂本 公延(さかもと ただのぶ、1931年7月23日[1] - )は、日本の英文学者著作家広島大学名誉教授

兵庫県神戸市生まれ。1955年大阪大学英文科卒業。1957年同大学院修士課程修了。1959年大阪工業大学専任講師、1964年助教授、1965年広島大学助教授、1977年教授、1979年「ヴァージニア・ウルフ 小説の秘密」で大阪大学文学博士。1995年広島大学定年退官、名誉教授、広島女学院大学教授。2002年退職。2011年秋、瑞宝中綬章受勲。小説を日本語英語で書き、短篇小説'The Spirit in the Stone'などが英国BBC海外放送で朗読された。ほか短編集『別れる理由』で中国新聞社新人登壇・文芸作品第1席。

著書[編集]

  • 『とざされた対話 V.ウルフの文学とその周辺』桜楓社 1969
  • 『ヴァージニア・ウルフ 小説の秘密』研究社出版 1978
  • 『ヴァージニア・ウルフ』編著 山口書店 現代英米文学セミナー双書 1980
  • 『現代の黙示録 ウィリアム・ゴールディング』研究社選書 1983
  • 『創作の海図 不確実性の時代と文学』研究社出版 1986
  • 『別れる理由 短篇小説集』英潮社 1991
  • 『老人の季節』修学社 1994(小説)
  • ブルームズベリーの群像 創造と愛の日々』研究社出版 1995
  • 『文芸エッセイ集 イギリスとの接点』英潮社 1995
  • 『文学についての断章 フィクションの解明にむけて』英潮社 2002
  • 『文学の風景 天晴れな老人たち』英宝社ブックレット 2003
  • 『作家の本音を読む 名作はことばのパズル』みすず書房 2007 大人の本棚
  • 『バラはバラの木に咲く 花と木をめぐる10の詞章』みすず書房 2009 大人の本棚

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.318

参考[編集]