坂本一生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
さかもと いっせい
坂本 一生
生誕 伊藤 文夫
1971年4月20日(42歳)
日本の旗 日本 東京都
別名 新加勢大周
坂本一世
大旗一生
職業 タレント
活動期間 1993年 -
身長 180 cm
補足
血液型 A型
テンプレートを表示

坂本 一生(さかもと いっせい、1971年4月20日 - )は、日本タレント、便利屋!お助け本舗の役員。本名、伊藤 文夫(いとう ふみお)。旧芸名は、新加勢大周(しん かせ たいしゅう)、坂本 一世(読み同じ)。番組の企画で大旗 一生(だいきいっせい)に改名したが坂本 一生に戻す。東京都出身。

経歴[編集]

千葉商科大学付属高等学校時代は水泳部に所属し背泳ぎで活躍。高校卒業後、2年間オーストラリアに留学。

加勢大周が所属事務所インターフェイスプロジェクトを独立した際、「加勢大周」という芸名の所有権をめぐって裁判となり(事務所は芸名を商標登録していた)、結局裁判で負けたインターフェイスプロジェクトから1993年7月7日、対抗する形で「新加勢大周」としてデビュー。7月27日に「坂本一生」に改名(芸名は坂本龍馬にちなむ)。同年、「新・○○」で第10回新語・流行語大賞新語部門・銀賞受賞。4年ほど活動したのち芸能界を離れる。

1999年佐山聡主宰の格闘技団体「掣圏道」に入門しプロレスラー転向を目指すが断念。中古車販売店でアルバイト、長距離トラックの運転手、スポーツジムのインストラクター、鳶職人、鎌倉のアジア料理レストラン「BLUEPOINT」の店長などを経験したのち芸能界復帰。大型2種免許等、玉掛けなど数々の免許を取得。

週刊新潮』2008年10月30日号では、“「加勢大周」逮捕の陰で「新加勢大周」バイト暮らし”の表題で報じられている。

2005年4月、有限会社ハッピープロモーションで芸能活動再開。同じ年、頼朝 (実業家)ホストクラブCLUB RYUGUJOで週一回勤務。

2008年4月、松竹芸能に移籍。松竹芸能移籍を機にお笑い芸人としての活動も開始。

2008年11月、TBS系『悪魔の契約にサイン』の企画により「大旗一生」に改名。改名は番組内のみでの企画であった。

2009年7月、松竹芸能をやめてフリーとなる。

2010年9月12日、TBS系のクイズ番組『クイズ☆タレント名鑑』に出演。探偵業もしてるという[1]。また工藤兄弟とは当時は仲が悪かったが和解したという。結婚して子供もいたが離婚、バツ2。

2010年12月1日の『笑っていいとも!』のコーナー「あなたの(おそらく)知らない世界」に探偵業の回で出演。ネームプレートには「坂本一生」と記載された。探偵業については、2011年6月末日をもって閉鎖している。

2011年3月の東北地方太平洋沖地震の際、水戸市内にある「DTC水戸」タイヤショップにて水戸市内災害特設本部をいち早く設立し地域住民と力を合わせ救援活動をし一躍有名になる。災害前日に坂本一生と六本木で一緒だったのが「DTC水戸」代表の中島淳一である。深夜、六本木からの帰りに中島宅に泊まりに来て翌日、水戸市内で災害になり中島氏と地域住民と力を合わせ災害特設本部統括長を務めた。

2011年7月 株式会社アシストリンクの役員に就任。便利屋!お助け本舗東京杉並店代表として活動を開始。

2013年 水戸市内に「便利屋お助け本舗」設立に向けて動く。

2014年2月 株式会社オフィス坂本を設立し所属タレントとして活動中。

出演[編集]

テレビ[編集]

オリジナルビデオ[編集]

  • 仕切り屋五郎(1995年)
  • 東京夜暴動 喧嘩の花道 東京番外篇 工藤兄弟VS坂本一生(1998年)

CD[編集]

  • 人生DO真中(1995年8月19日)
    オリジナルビデオ「仕切り屋五郎」主題歌。東真人(現・東真司)と組んでリリースしたシングル。
  • カンニングの恋愛中毒 小沢くんスペシャル(2009年8月25日)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 週刊新潮 2010年9月2日号 夢破れて「私立探偵」になった新加勢大周「坂本一生」より

関連項目[編集]

※ピッコログランデ(麻布十番にあるイタリアン) ※中島淳一「DTC水戸タイヤショップ」代表取締役社長。

外部リンク[編集]