坂崎坦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1951年

坂崎 坦(さかざき しずか、1887年3月18日 - 1978年1月4日)は日本の美術史家。美術評論家坂崎乙郎の父。西洋音楽史家坂崎紀の祖父。

略歴[編集]

兵庫県生まれ。早稲田大学英文科卒業。1914年 朝日新聞社に入社。1921年から2年間フランス留学。美術記者から学芸・調査両部長、編集局顧問などを歴任。1936年 文学博士号(早稲田大学)を取得。1942年 朝日新聞社を定年退社。早稲田大学教授、女子美術大学教授、同短大学部長、実践女子大学教授、武蔵野女子大学教授を歴任。紫綬褒章勲三等瑞宝章を受章。

著書[編集]

  • 日本画論大観(編)目白書院、1917 
  • 18世紀フランス絵画の研究 岩波書店、1937 
  • 日本画の精神 東京堂、1942 
  • ドラクロワ 芸術と生活 アルス、1949/朝日選書、1986  
  • クールベ 雄山閣、1949 
  • 西洋美術史概説 風間書房、1949 
  • 西洋近代美術史 風間書房 1962
  • クールベ 岩波新書、1976