坂口昇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

坂口 昇(さかぐち のぼる、明治40年(1907年5月28日 - )は、日本の実業家、政治家。米子市会議員を務めた[1]

実業家2代坂口平兵衛の義弟。

経歴[編集]

前列右から坂口純三、織田収赤沢正道坂口昇。後列左から雑賀愛造上原準三2代坂口平兵衛
大山に遊ぶ清交クラブの面々)

島根県松江市出身[1]

昭和5年(1930年)、東京帝国大学法学部卒業[1]日本製糸株式会社取締役を経て、戦時中に三菱軽合金株式会社の資材課長に就いていたが、坂口合名会社を設立し、代表社員となる[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『新日本人物大観』(鳥取県版) 人事調査通信社 1958年 サ…154頁