坂口平兵衛 (3代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

3代坂口 平兵衛(さんだい さかぐち へいべえ、昭和5年(1930年2月15日 - 平成24年(2012年6月14日)は日本実業家幼名平吉郎。坂口合名会社・代表社員会長。米子商工会議所会頭。

坂口合名会社・代表社員会長坂口平兵衛 (2代)の長男。

経歴[編集]

父平兵衛と

鳥取県米子市尾高町出身。

昭和29年(1954年東京大学法学部政治学科卒業[1]。同年坂口合名会社勤務[1]昭和39年(1964年)同社代表社員副社長[1]昭和40年(1965年)同社代表社員社長[1]昭和55年(1980年米子商工会議所会頭に就任[1]

平成24年(2012年)6月14日、病気のため米子市内で死去。享年82[2]

家族・親族[編集]

坂口家[編集]

鳥取県米子市尾高町
父・2代目坂口平兵衛と母・真佐子
昭和2年3月)
安政元年(1854年)6月生 - 昭和8年(1933年)7月没
明治39年(1906年)2月生 - 昭和61年(1986年)2月没
明治41年(1908年)6月生[1] - 
島根県簸川郡大社町(現出雲市)出身[5]。真佐子は江戸小紋の研究で一家をなし、昭和47年(1972年)に東京作家クラブから第9回文化人間賞を贈られている[6]平成19年(2007年)12月から平成20年(2008年)1月にかけて、広島と東京で、米子市が収蔵する「素鳳コレクション」の特別展、「春よこい 雛人形物語展 坂口真佐子コレクション」が開催された[7]
昭和7年(1932年)3月生[1] - 
妻の姉は白鶴酒造相談役の嘉納信治に嫁し、灘の名門嘉納家の大閨閥にもつながっている[8]
昭和33年(1958年)3月生[1] - 
昭和34年(1959年)9月生[1] - 
昭和38年(1963年)12月生[1] - 

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 『鳥取県人名録』270頁
  2. ^ 日本海新聞速報ローカルニュース(2012年6月19日時点のアーカイブ
  3. ^ a b 『人事興信録. 初版』(明36. 4刊)さ之部九六一
  4. ^ 『人事興信録. 7版』(大正14)を一〇〇
  5. ^ a b c d 『人事興信録. 11版』(昭和12年)上オ二〇六
  6. ^ 佐藤朝泰著『豪閥 地方豪族のネットワーク』 426頁
  7. ^ 素鳳コレクション県外展「春よこい 雛人形物語展」…「米子市ホームページ」素鳳ふるさと館
  8. ^ 『豪閥 地方豪族のネットワーク』 427頁

参考文献[編集]

  • 『鳥取県人名録』(企画・編集 鳥取県人名録刊行委員会 旬刊政経レポート、1987年 270頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]