坂内永三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
さかうち えいざぶろう
坂内 永三郎
別名義 阪内 栄三郎
生年月日 (1907-01-11) 1907年1月11日
没年月日 不詳年
出生地 日本の旗 日本
職業 俳優
ジャンル 劇映画時代劇現代劇剣戟映画サイレント映画トーキー
活動期間 1930年代 - 1960年代
配偶者 坂内 愛

坂内 永三郎(さかうち えいざぶろう、1907年1月11日 - 没年不詳)は、日本の俳優である[1][2][3][4]。別名:阪内 栄三郎[2]

人物・来歴[編集]

1907年明治40年)1月11日に生まれる[1]

京都の新興キネマに所属し、1934年(昭和9年)10月11日に公開された寿々喜多呂九平監督の『七宝の桂』が、もっとも早い時期の出演記録である[2][3][4]。1935年(昭和10年)12月末、太秦帷子ヶ辻中開町(現在の右京区太秦堀ヶ内町)にマキノ正博が新しく撮影所を建設・設立したマキノトーキー製作所に、翌1936年(昭和11年)に第二期入社で参加する[2][5]。同社は1937年(昭和12年)4月に解散し、マキノ正博らは日活京都撮影所に移籍したが、坂内は東宝映画京都撮影所に移籍している[2]

第二次世界大戦終結後は、東宝、あるいは新東宝に所属した[2][3][4]俳優座に所属した記録も残っている[6]

映画監督の中川信夫とは、坂内の妻・愛ともども、マキノトーキー以来の交流があり、1973年(昭和48年)6月には、手紙魔の中川が、坂内の妻が寂しそうだったので、という理由で、1年間毎日手紙を書く約束をし、中川はこれを実行した[7]。1976年(昭和51年)発行の『映画年鑑 1977』には、川崎市多摩区登戸に在住している旨の記述があるが、それ以降の版には見当たらない[8]没年不詳

フィルモグラフィ[編集]

すべてクレジットは「出演」である[2][3][4]東京国立近代美術館フィルムセンター(NFC)所蔵等の上映用プリントの現存状況についても記す[9]。同センター等に所蔵されていないものは、とくに1940年代以前の作品についてはほぼ現存しないフィルムである。

新興キネマ[編集]

特筆以外すべて製作・配給は「新興キネマ」である[2]

マキノトーキー製作所[編集]

初期の特筆以外すべて製作・配給は「マキノトーキー製作所」である[2]

東宝映画京都撮影所[編集]

特筆以外すべて製作は「東宝映画京都撮影所」、配給は「東宝映画」である[2]

戦後[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 著作権資料協会[1972]、p.182.
  2. ^ a b c d e f g h i j 坂内永三郎日本映画データベース、2012年12月3日閲覧。
  3. ^ a b c d 坂内永三郎KINENOTE、2012年12月3日閲覧。
  4. ^ a b c d 坂内永三郎、映画データベース、東宝、2012年12月3日閲覧。
  5. ^ マキノ[1977]、p.338-374.
  6. ^ 春の囁き、東京国立近代美術館フィルムセンター、2012年12月3日閲覧。
  7. ^ 中川[1987], p.81.
  8. ^ 時事映画通信社[1976], p.311.
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y 坂内永三郎、東京国立近代美術館フィルムセンター、2012年11月27日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]