坂井德章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
坂井徳章から転送)
さかい とくしょう
坂井 德章
湯德章律師.jpg
生誕 (1907-01-16) 1907年1月16日
台南庁噍吧哖[1]
死没 (1947-03-13) 1947年3月13日(40歳没)
台南市民生緑園(旧・大正公園、現・湯徳章記念公園)
国籍大日本帝国の旗 大日本帝国
中華民国の旗 台湾
別名湯德章
職業弁護士
著名な実績台南に波及した二・二八事件の穏当な収拾による台南市民の救済
湯德章(坂井德章)
各種表記
繁体字 坂井德章
拼音 Bǎn jǐng Dé zhāng
通用拼音 Bǎn jǐng Dé jhang
注音符号 ㄅㄢˇ ㄐㄧㄥˇ ㄉㄜˊ ㄓㄤ
和名表記: 坂井德章
発音転記: さかい とくしょう
英語名 Sakai Tokushō
各種表記(本名)
繁体字 湯德章
拼音 Tāng Dézhāng
通用拼音 Tang Dé jhang
ラテン字 T'ang1 Tê2-Chang1
注音符号 ㄊㄤ ㄉㄜˊ ㄓㄤ
閩南語白話字 Thng Tek-chiong
和名表記: とう とくしょう
発音転記: (台)トゥン ティクチョン
(中)タン デヂャン
英語名 Tang Te-chang
テンプレートを表示

坂井 德章(さかい とくしょう、1907年1月16日 - 1947年3月13日[2][注 1])は、台湾弁護士

略歴[編集]

現在の熊本県宇土市出身の坂井德藏と台湾出身の湯玉を父母に、日本統治下台湾台南に生まれ育った。父德蔵は巡査だったが,本島人による最後の抗日武装蜂起であった西来庵事件で殉職。

姓は、内台共婚法成立前に父が死んだので湯姓で湯德章:Thng Tek-chiong)だが、後1936年に叔父又蔵と養子縁組をしており、日本名は坂井姓である[4]

台南師範学校に進学するが3年で退学。20歳で台南州警務部巡査となる。日本の普通文官試験[5]にも合格し,巡査部長,台湾総督府警察官及司獄官練習所甲科[6]を経て警部補に昇進するが,警察組織内での体験や事件処理を通じて内地人と台湾人の格差,差別に憤りと強い問題意識を持ち,1939年台南州新豊郡警察課の司法主任(刑事係長)を最後に退職。叔父(父德蔵の末弟)・養父でジャーナリストの坂井又蔵を頼って内地に渡り,家族と共に東京・白金の藤原銀次郎の別宅に転居。中央大学に聴講生として法律を学び,最終学歴小学校卒業でありながら1942年高等文官試験司法科[7],翌年には行政科[8]にも合格したが,藤原らの慰留を断り,台南に戻って弁護士事務所を開設した[9]

第二次世界大戦終結後、中国国民党統治下で発生した二・二八事件において、台南市の人民自由保証委員[10]として台南学生をなだめ、国民革命軍の報復によって台南学生が虐殺される事態を防いだ[11]。国民党軍に逮捕され、市中引き回しの上[1]、大正公園にて公開銃殺された[12]

名誉回復と評価[編集]

五帝廟にある德章の塑像

戦後「民生緑園」と改称された大正公園は、1998年2月28日に当時の台南市長張燦鍙中国語版が「湯徳章紀念公園」に改称し、德章の胸像が設置された[13]。また、2014年には市長職だった頼清徳により、德章の命日3月13日が台南市の「正義と勇気の紀念日」に制定された[13]

2015年、台南市政府文化局により市にゆかりがあり著名な功績を残した人物を称える『台南歴史名人中国語版』(政治類)に認定され、旧居に銘板を設置する際には市長頼清徳や地元の実業家許文龍が出席している[14]

2016年、区内にある鄭氏政権からの寺院『八吉境五帝廟中国語版』では八田與一ら台南ゆかりの人物とともに德章をデフォルメした塑像が屋脊(棟)部へ設置された[15]

没後70年となる2017年には、生前の弁護士時代に市内ハヤシ百貨店で購入したとされているデスクが特別展で展示された[16]

台南市内の旧宅は、2020年4月台南市文化資産管理処が暫定古跡に認定し、また民間有志により設立された台南市文化資産保護協会が同宅を購入し記念館として再整備するためのクラウドファンディングに成功したため[17]、同協会は翌年の德章の命日までに記念館の開館を目指し、2021年3月13日に旧居が公開されることになった[18]

没後75年となる2022年3月13日、市長黄偉哲は、湯徳章紀念公園から西側に伸びる中正路のうち、旧日本勧業銀行台南支店(現・台湾土地銀行台南支店)やハヤシ百貨店などがある忠義路との交差点までの区間約170メートルを「湯徳章大道」へ改名することを発表した。正式な改名は上半期中に実施される予定で、同公園の南西角にある国立台湾文学館旧台南州庁)の街路表記は「湯徳章大道1号」となる[19]

関連書籍[編集]

  • 2016年 - (下記門田の著作の中文版)『湯德章:不該被遺忘的正義與勇氣』林琪禎、張弈伶、李雨青、発行:玉山社、ISBN 9789862941423
  • 2020年 - (絵本)『正義與勇氣-湯德章』作:蘇振明、絵:陳敏捷、発行:台南市政府文化局、ISBN 9789865430559
  • 2021年 - (漫画)『臺灣名人傳記漫畫:湯德章』著:蠢羊、発行:時報出版、ISBN 9789571385310

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 松野良一は3月11日[3]としている。

出典[編集]

  1. ^ a b 松野良一「台湾二二八事件と中央大学卒業生」プロジェクトと受難者家族の証言概要」『総合政策研究』第24巻、中央大学総合政策学部、2016年3月3日、 60頁、 ISSN 1341-7827NAID 120006639323
  2. ^ 門田 (2016, 14章)
  3. ^ 松野 2016, p.60
  4. ^ 門田 2016, はじめに・第六章.
  5. ^ 現在の国家公務員試験一般職試験(かつての初級・中級職試験,Ⅱ種・Ⅲ種試験)にあたる
  6. ^ 当時の台湾総督府警察の幹部養成課程であった
  7. ^ 現在の司法試験にあたる
  8. ^ 現在の国家公務員試験総合職試験(かつての上級職試験・I種試験)にあたる
  9. ^ 門田 2016, 第四-八章.
  10. ^ 楊子震「帝国日本の崩壊と国民政府の台湾接収 : 戦後初期日台関係における脱植民地化の「代行」」筑波大学 博士(国際政治経済学), 甲第5980号、2012年、 NAID 500000565283
  11. ^ 門田 2016, 第十二章.
  12. ^ 迫田博子「葉石濤と『台湾男子簡阿淘』」『お茶の水女子大学中国文学会報』第35巻、お茶の水女子大学中国文学会、2016年4月、 118-104頁、 ISSN 0286-6889NAID 120005758636
  13. ^ a b 門田 2016, 第十五章
  14. ^ “湯德章故居掛牌 擬開放部分參觀”. 自由時報. (2015年3月14日). https://news.ltn.com.tw/news/local/paper/862796 
  15. ^ “(台南)王金河、八田與一塑像 登八吉境五帝廟廟脊”. 自由時報. (2016年12月7日). https://news.ltn.com.tw/news/local/paper/1059472 
  16. ^ “228受難者湯德章律師辦公桌 塵封多年重見天日”. 自由時報. (2017年2月22日). https://news.ltn.com.tw/news/politics/breakingnews/1983516 
  17. ^ 中央社 フォーカス台湾. “2・28事件で銃殺された弁護士の旧宅を守れ 有志がクラファン/台湾”. 2020年5月15日閲覧。
  18. ^ “未具文資身分無損歷史保存 湯德章故居13日開放”. 中央通訊社 (聯合報). (2021年3月9日). https://udn.com/news/story/7327/5305823 
  19. ^ “推動轉型正義 黃偉哲設湯德章大道”. 自由時報. (2022年3月14日). https://news.ltn.com.tw/news/life/paper/1505782 

参考文献[編集]

外部リンク[編集]