坂上樹大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

坂上 樹大(さかがみ たつひろ、1978年1月25日 - )は、石川県内灘町出身の競輪選手日本競輪選手会富山支部に所属し、選手登録地は石川県。日本競輪学校(以下、競輪学校)第80期生。

実兄に、競輪学校第71期生の坂上忠克がいる。師匠は石田真二(競輪学校42期生)。

来歴[編集]

石川県立内灘高等学校出身。

1997年8月15日富山競輪場でデビューし、初勝利も同日。

2002年全日本選手権・団体追抜を、兄の忠克及び、武史大暁の北野兄弟との4人で挑み優勝。

2011年7月5日現在、特別競輪ではGI 2回、GII 3回の決勝進出歴があり、2011年寛仁親王牌弥彦競輪場)では3位、2009年共同通信社杯春一番佐世保競輪場)では2位に入った。また2009年、2010年度のS級S班選手の18番目の椅子の座を浅井康太と最後の最後まで争ったが、惜しくも賞金ランキング第19位で次点となった[1]

エピソード[編集]

  • イケメン競輪選手としても知られ、2009年に実施されたananJKAのコラボレーション企画、『09'KEIRINイケメングランプリ』では準グランプリを受賞した。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]