地黄煎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

地黄煎(じおうせん)は、地黄(アカヤジオウ)の根を煎じた生薬、およびそれを添加して練った日本のである[1][2]江戸(現在の東京都)では下り飴くだり飴(くだりあめ)とも称した[1][2][3][4]。日本では膠飴(こうい)と表記し「じおうせん」「じょうせん」と読む場合もある[5]

略歴[編集]

地黄(アカヤジオウ)の地下茎に補血・強壮・止血の作用があることは、古く『神農本草経』に記載されて知られていた。地黄を日本では別名で「佐保姫」と、春の女神の名で呼ぶ[6]

平安時代8世紀 - 12世紀)、宮内省典薬寮は、「供御薬」という宮中行事により、毎年旧暦11月1日、地黄煎を調達していた[7][8]。このことにより地黄煎の栽培・販売について、その後の供御人の身分が形成された[8]。典薬寮を本所とした、地黄煎の販売特権をもつ供御人による「地黄煎商売座」というを形成、この座による販売人を「地黄煎売」(じおうせんうり)という[7][9]。産地は摂津国和泉国山城国葛野郡であった[8]

中世(12世紀 - 16世紀)期の「地黄煎売」の姿は、番匠大工)がかぶる竹皮製の粗末な笠である「番匠笠」、小型の桶を棒に吊るし振売のスタイルであった[7]室町時代、15世紀末の1494年(明応3年)に編纂された『三十二番職人歌合』には、糖粽(とうそう)を売る「糖粽売」とともに「地黄煎売」として紹介されている[7][10]。このころ振売を行っていた「地黄煎売」は、「飴売」とみなされていた[11]

江戸時代17世紀 - 19世紀)にも、飴としての「地黄煎」は製造・販売されており、1692年(元禄5年)に井原西鶴が発表した『世間胸算用』にも、夜泣きに効くという趣旨で「摺粉に地黄煎入れて焼かへし」というフレーズで登場する[4]寛文元年(1661年)の加賀藩の資料によれば、石川県金沢市泉野町のあたりの旧町名は「地黄煎町」であった[12]。1695年(元禄8年)に発行された『本朝食鑑』には、膠煎(じょうせん)として紹介され、これを俗に「地黄煎」という、としている[5]。1712年(正徳2年)に発行された『和漢三才図会』によれば、膠飴(じょうせん)と(あめ)は湿飴(水飴)とは異なり、前者は琥珀色、後者は白色であり、煮詰めて練り固めて製造する膠飴のなかでも、切ったもの(切り飴)を「地黄煎」という、と説明している[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 地黄煎デジタル大辞泉コトバンク、2012年8月28日閲覧。
  2. ^ a b 地黄煎大辞林 第三版、コトバンク、2012年8月28日閲覧。
  3. ^ 下り飴デジタル大辞泉、コトバンク、2012年8月28日閲覧。
  4. ^ a b 下り飴大辞林 第三版、コトバンク、2012年8月28日閲覧。
  5. ^ a b c 近世における飴の製法と三官飴北九州市立大学、2012年8月28日閲覧。
  6. ^ 大辞林 第三版『地黄』 - コトバンク、2012年8月28日閲覧。
  7. ^ a b c d 世界大百科事典 第2版『地黄煎売』 - コトバンク、2012年8月28日閲覧。
  8. ^ a b c 平凡社第6巻、p.650.
  9. ^ 奥野、p.117-118.
  10. ^ 小山田ほか、p.142.
  11. ^ 世界大百科事典 第2版『あめ売(飴売)』 - コトバンク、2012年8月28日閲覧。
  12. ^ 加賀藩、p.911.

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]