地頭方村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
じとうがたむら
地頭方村
廃止日 1955年4月1日
廃止理由 新設合併
地頭方村萩間村、相良町
相良町
現在の自治体 牧之原市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 静岡県
榛原郡
総人口 6,075
国勢調査1950年
隣接自治体 相良町、御前崎町小笠郡浜岡町
地頭方村役場
所在地 静岡県榛原郡地頭方村大字地頭方

Shizuoka Shida-Haibara-gun 1889.png

大井川流域の町村制施行時の町村。43が地頭方村。(44.相良町 45.菅山村→相良町 46.萩間村)
 表示 ウィキプロジェクト

地頭方村(じとうがたむら)は、静岡県榛原郡南部(現・牧之原市南端)にあったである。

歴史[編集]

交通[編集]

1926年大正15年)、藤相線(のちの駿遠線)が地頭方まで延長、その後、池新田まで延長され、藤枝袋井を結ぶ日本一長い軽便鉄道・駿遠線になるが、地頭方止まりの列車が多く、また、白羽、御前崎方面への下車駅になっていたため、乗降客が多く、駅近くの商店街の人通りも多かった。

産業[編集]

農業・沿岸漁業も行われ、村の海岸は特に海藻が豊富なことで知られていた。

その他[編集]

中心街から西へ1kmくらい行った堀野新田に、鈴木梅太郎の生家がある。

関連項目[編集]