地質

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
地質の日から転送)
移動先: 案内検索

地質(ちしつ、: geology)とは、地面より下(生物起源の土壌を除く)の岩石地層の性質・状態・種類などを指す。

地質学は、これらを専門的に研究する学問である。地質の研究(地質学の実践)において、特異な化石鉱物が発見されることもままあるが、主たる対象は、岩石とその層状の構造である地層である。逆に、考古学古生物学の知見から、地層の年代の特定が行われるなど、隣接分野からの知見が地質に関する知見を広げることも多々ある。

地質の日[編集]

2007年3月13日日本の地質関係の組織・学会が発起人となり、5月10日を「地質の日」と定めた。1876年5月10日に、ベンジャミン・スミス・ライマンらによって日本で初めて広域的な地質図が作成され、1878年5月10日に、内務省地理局地質課が定められたことによる。

参考文献[編集]

  • 羽田忍 『地質図の読み方・書き方』 共立出版〈地学ワンポイント〉、1990年ISBN 4-320-04626-9
  • 天野一男、秋山雅彦 『フィールドジオロジー入門』 日本地質学会フィールドジオロジー刊行委員会編、共立出版〈フィールドジオロジー〉、2004年ISBN 4-320-04681-1

関連項目[編集]

外部リンク[編集]