地球規模攻撃軍団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
地球規模攻撃軍団
Air Force Global Strike Command.png
創設 2009年8月7日
国籍 アメリカ合衆国
軍種 アメリカ空軍
タイプ 主要軍団
上級部隊 空軍参謀本部
アメリカ戦略軍

地球規模攻撃軍団(ちきゅうきぼこうげきぐんだん、Air Force Global Strike Command、略称:AFGSC)はアメリカ空軍主要軍団(Major Command、MAJCOM)組織の1つ。核兵器の管理・運用を管轄する部隊であり、2009年8月7日に新設された、現行の10個のMAJCOMの中では最も新しい軍団である。司令部はルイジアナ州バークスデール空軍基地に置かれ、空軍特殊作戦軍団(AFSOC)、空軍予備役軍団(AFRC)と同様に中将(3つ星)が指揮を執る[1]

概要[編集]

冷戦終結後、戦略航空軍団の部隊は分割再編されていたが、2007年のマイノット事件(外された筈の核弾頭が付いたままの巡航ミサイルが、ノースダコタ州マイノットからルイジアナ州バークスデールまで空輸されていた事件)はアメリカ空軍において兵器管理に問題があることを明らかにした。核兵器管理体制を再構築するために、新しい主要軍団として地球規模攻撃軍団を設立することが2008年10月にアナウンスされた。航空戦闘軍団の戦略爆撃機部隊および空軍宇宙軍団大陸間弾道ミサイル部隊などが移管され、第8空軍および第20空軍からなる。

主要部隊[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 航空戦闘軍団(ACC)など他の7つのMAJCOMは、大将(4つ星)が指揮を執る。

外部リンク[編集]