地方競馬法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
地方競馬法
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称 なし
法令番号 昭和21年法律第57号
効力 廃止
種類 行政法
主な内容 地方競馬全般の規定
関連法令 競馬法
テンプレートを表示

地方競馬法(ちほうけいばほう、1946年11月20日法律第57号)とは終戦直後の日本地方競馬に関する法律である。終戦により戦前の地方競馬規則1939年4月7日廃止)、軍馬資源保護法1945年11月21日廃止)が効力を失い闇競馬が横行していた当時の日本にとって地方競馬を復活させる法律であった。内容は1948年7月13日公布の(新)競馬法に統合されている。

内容[編集]

  • 競馬の主催者は馬匹連合会、または中央組織である公益法人の馬事団体(中央馬事会)。
  • 競馬場の数は北海道3、都府県1以内。ただし1947年4月30日の改正で北海道6、都府県2以内に増加された。
  • 開催日数は競馬場毎に年4開催、1開催6日以内とした。
  • 馬券は鍛錬馬競走に次いで許可された。
  • ばんえい競走が初めて公認された。

参考文献[編集]

  • 『地方競馬史』第一巻 地方競馬全国協会 1972年
  • 『地方競馬史』第二巻 地方競馬全国協会 1974年