地底探検 (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
地底探検
リック・ウェイクマンライブ・アルバム
リリース
録音 1974年1月18日
ジャンル プログレッシブ・ロック
時間
レーベル A&Mレコード/キングレコード
プロデュース リック・ウェイクマン
専門評論家によるレビュー
  • オールミュージック 星5 / 5 link
  • ローリング・ストーン 星5 / 5link
チャート最高順位
  • 1位(イギリス[1]
  • 3位(アメリカ[2]
  • 28位(日本[3]
  • リック・ウェイクマン 年表
    ヘンリー八世の六人の妻
    (1972)
    地底探検
    (1974)
    アーサー王と円卓の騎士たち
    (1975)
    テンプレートを表示

    地底探検』(ちていたんけん、Journey to the Centre of the Earth)は、リック・ウェイクマンの2作目のソロ・アルバムで、初のライブ・アルバム

    概要[編集]

    1974年1月18日、ロンドン・ロイヤル・フェスティヴァル・ホールで行われたコンサートの2回目のステージの際にロンドン交響楽団との競演を行い、同時にライブ録音が行われた。同月21日 - 29日の9日間、ロンドンのモーガン・スタジオでミキシングが行われている。

    原作はジュール・ヴェルヌ同名小説。彼は5歳の頃からこの小説を100回以上読んでいた。

    収録曲[編集]

    第1面 (21:15)
    1. 旅路 (THE JOURNEY)
    2. 追憶 (RECOLLECTION)
    第2面 (19:00)
    1. 戦い (THE BATTLE)
    2. 樹海 (THE FOREST)

    演奏者[編集]

    イングリッシュ・チェンバー・クワイア The English Chamber Choir
    指揮 デヴィッド・ミーシャム David Measham
    • デヴィッド・ヘミングズ David Hemmings(ナレーション)

    評価[編集]

    5月初めに母国イギリスで発売されたこの作品は、同月半ばから全英アルバムチャートに登場し、5月25日付けで、それまで合計15週に渡ってアルバム・チャートのトップにあったカーペンターズの「The Singles: 1969-1973」を蹴落として1位を獲得[4]。10月までトップ30圏内に入っていた(1999年にリリースされたアルバム「完結編」の日本語版のオビには、25年間で全世界で1500万枚売れたと記述されている)。録音、発売当時は彼はまだイエスに在籍していたが、イギリスなどのチャートでイエスでさえも成しえていなかったトップを取ったその成功は、1974年の彼のイエスからの脱退の原因の一つとされている。アメリカでも大ヒットし、ウェイクマンのアルバムとしては初の全米トップ10入りを果たした[2]

    エピソード[編集]

    音楽的にも高く評価されたため、これを機会に世界各地でのコンサートも行なわれた。公演先の現地のオーケストラと合唱団との共演という形式で、バンドのみが各地を周るという方式が取られていた。ナレーター担当のデヴィッド・ヘミングズは本来の俳優の仕事のスケジュールがある為に参加できず、代理にテリー・タプリンが同行した。

    1975年1月には来日公演も実現し、東京で4回、大阪と名古屋で各1回の公演が行われた。日本公演で共演したオーケストラはシャンブル・サンフォニエット、合唱団は東京放送合唱団だった。バンドのメンバーは2人のボーカリストとベース奏者以外はメンバー・チェンジされていた。

    来日公演後の次の公演地であるオーストラリアにおける、シドニー公演はビデオ撮影され、後にビデオ・ソフトとして発売がなされている。

    共演したロンドン交響楽団の指揮者デイヴィッド・ミーシャムからモーツァルトのコンチェルトをやってはどうかとオファーがあったが、リックは「もし1日に8時間ずつ、1ヶ月の練習期間があれば引き受けられるが、その時間が到底確保できない」と辞退した。

    当初はLP2枚組、円形の変形ジャケット、30ページのブックレット付きという豪華盤での発売が企画されていたが、オイル・ショックの直撃を受けて、大幅に規模の縮小されたものになってしまった。

    「樹海」の中ではエドヴァルド・グリーグ作曲の「ペール・ギュント」の中の「山の魔王の宮殿にて」の部分が引用されている。

    1999年には、本作の続編に当たるアルバム『地底探検〜完結編』が発表された。

    1975年のワールド・ツアーの後、オーケストラのスコア譜が紛失した為に、その後の長い間、「地底探検」のオーケストラとの再演が困難になっていたが、2011年になって、匿名でウェイクマンの元にスコア譜が送られてきた。それにより再演が可能となり、2012年11月29日にウェイクマンはオーケストラとの再演をアルゼンチンブエノス・アイレスで行なっている。ナレーションの部分はスペイン語で行なわれた。

    1975年の来日時のインタビューでは、インタビュアー(深町純)の「オーケストラをバックに弾くというのは気持ちが良いでしょ?」という質問に対して、ウェイクマンは「請求書が来るまではね。」と答えている。

    リマスター盤[編集]

    • 2003年にCDのリマスター盤が発売された。音質の向上が図られている (AAD)。

    シドニー公演盤[編集]

    • 2008年になって、1975年シドニー公演の映像がDVDで発売された(以前にはVHS版とレーザーディスク盤の発売あり)。そのDVDには同公演の音声のみを収録したCDが附属されていた。

    再録音盤[編集]

    • 2012年にスタジオ録音盤が限定盤として発売された。録音は2012年7月~8月。以前のライブ盤には収録されていない部分も追加されている。ライブ盤では全体を4つのパートに分割してタイトルが付けられていたが、このスタジオ録音盤では以下のように27のパートに分割され、それぞれにタイトルが付けられた。

    01. The Preface (1:09) 02. The Journey Overture (2:25) 03. The Journey’s Dawn (3:38) 04. Crystals (0:33) 05. The Gothic Cathedral (1:06) 06. The Quest for Water (1:18) 07. The Hansbach (2:54) 08. Fervent Prayer (0:41) 09. The Recollection (2:32) 10. Lost & Found (0:44) 11. Echoes (3:49) 12. 4 Miles (0:17) 13. The Reunion (2:42) 14. A New Vista (0:49) 15. A World Within a World (2:13) 16. The Raft (1:06) 17. The Battle (5:55) 18. Cumulus Clouds (0:37) 19. The Storm (2:01) 20. The Cemetary (1:28) 21. Quaternary Man (4:49) 22. Mastodons (0:53) 23. The Forest (2:30) 24. Ages of Man (1:55) 25. The Tunnel (1:53) 26. Hall of the Mountain King (0:52) 27. Mount Etna (3:17)

    脚注[編集]

    1. ^ ChartArchive - Rick Wakeman
    2. ^ a b Rick Wakeman - Awards : AllMusic
    3. ^ 『オリコンチャート・ブックLP編(昭和45年‐平成1年)』(オリジナルコンフィデンス/1990年/ISBN 4-87131-025-6)p.315
    4. ^ ChartArchive - Albums Chart - 25/05/1974

    外部リンク[編集]