地下式原子力発電所政策推進議員連盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

地下式原子力発電所政策推進議員連盟(ちかしきげんしりょくはつでんしょ せいさくすいしんぎいんれんめい)は、日本国会議員による議員連盟。略称は地下原発議連

概要[編集]

東京電力福島第一原子力発電所事故発生後の2011年5月、地下式原子力発電所の建設を推進する超党派の国会議員により結成され、5月31日に第1回の勉強会が開催された。主要な電力は将来も原子力でまかなう必要があるとして、原発事故の封じ込めが可能な地下原発の推進を要望するとしている[1]

役員[編集]

会長
  • (空席)
顧問
事務局長
その他[2]

所属していた役員[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 地下式原発推進で首相経験者ら議連”. 産経新聞 (2011年5月31日). 2011年6月6日閲覧。
  2. ^ 核燃料サイクルを知らない専門家 地下原発議連、2回目の勉強会”. BLOGOS (2011年8月1日). 2011年10月23日閲覧。