在日韓国・朝鮮人の事件年表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

この記事は在日韓国・朝鮮人事件年表である。

-1944年[編集]

1945-1955年[編集]

  • 1945年(昭和20年)
    • 8月30日 名古屋少年匕首殺害事件、路上で少年3人が脅迫されて金銭を奪われ、匕首で切り付けられて1人死亡、1人負傷、犯人は拘置所から脱獄、韓国に逃亡
    • 10月22日 大阿仁村事件、秋田県の栗林に侵入し村人と乱闘
    • 12月
      • 24日 生田警察署襲撃事件(第1回)拳銃強盗事件にからんで50名を超える朝鮮人の暴徒が襲撃、連合国軍が暴動を鎮圧
      • 29日 直江津駅リンチ殺人事件、朝鮮人3人組が列車の窓ガラスを叩き割り無理やり乗車しようとし、それを阻んだ乗客にパイプやスコップ等で集団暴行し殺害、朝鮮人3人組は逮捕されたが程なく逃走
  • 1946年(昭和21年)
  • 1947年(昭和22年)
  • 1948年(昭和23年)
  • 1949年(昭和24年)
    • 1月25日 - 益田事件、密輸の摘発を巡って約200名が警察署に押しかけ、警察官と乱闘、48名検挙
    • 4月
      • 6-13日 - 枝川事件、窃盗犯を逮捕しようとした警察と衝突
      • 7-11日 - 高田ドブロク事件、新潟県で密造酒の取締りで朝鮮人が警察と対立、12人検挙
    • 6月
      • 2日 - 本郷事件、福井県で朝鮮人地区の地図作成に抗議し朝鮮人70人が派出所を占拠し警官に暴行
      • 30日 - 平事件、福島県平市の警察署に乱入し占拠、警官に暴行、231人を騒擾罪で検挙
    • 7月 塩釜事件、朝連と民団の構想を巡って警察とも紛争
    • 8月19-20日 - 下関事件 (騒乱)、朝連と民団が乱闘、構成員の自宅を襲撃、略奪
    • 9月
  • 1950年(昭和25年)
    • 3月20日 - 台東会館事件在日本朝鮮人連盟が「暴力主義的団体」として解散を命じられ、台東支部があった台東会館を接収しようとしたが、妨害を受け朝鮮人119人検挙
    • 8月15日 - 連島町事件、岡山県で約700名の朝鮮人が集会を強行し警察と乱闘、警官15名負傷、8名検挙
    • 11月20-27日 - 長田区役所襲撃事件、朝鮮人が税免除などを要求して区役所を襲撃、20日30人逮捕、24日26人逮捕、27日179人逮捕
    • 12月1日 - 大津地方検察庁襲撃事件、勾留中の同志の釈放を要求し検察庁に突入、暴徒化、43人逮捕
  • 1951年(昭和26年)
    • 1月23日 - 四日市事件、朝連四日市支部接収の妨害、暴動、15名検挙
    • 3月
    • 6月13日 - 神奈川朝鮮人学校事件、朝鮮人学校の運動会をきっかけに横浜駅前で500人が暴動、28人検挙
    • 10月
      • 18日 - 日野事件、滋賀県で違法デモ隊が警官隊に襲い掛かり拳銃を奪う、20人検挙
      • 22日 - 下里村役場集団恐喝事件、兵庫県で朝鮮人約200名が村役場に押しかけ暴行脅迫恐喝、15名検挙
    • 11月21日 - 福岡事件
    • 12月
      • 1日 - 東成警察署襲撃事件、泥酔し保護された男性が死亡した事を、警官のリンチ殺人だとデマを流し、署内に突入しようとして3人逮捕
      • 3日 - 半田・一宮事件
      • 16日 - 親子爆弾事件、大阪で事故死した朝鮮人の慰霊祭をきっかけに、クラスター爆弾の工場を襲撃、集団暴行
  • 1952年(昭和27年)
    • 2月
      • 21日-23日 - 木造地区警察署襲撃事件、青森県で傷害容疑で朝鮮人2名を逮捕した事に対し即時釈放を要求し警察署襲撃
      • 28日 - 姫路事件
    • 3月
      • 多奈川町事件、大阪で密造酒の取締りで朝鮮人が警察と対立、27名逮捕
      • 1日 - 八坂神社事件
      • 13日 - 宇治事件
    • 4月
      • 24日~5月30日 - 岡山事件阪神教育事件の記念日である4月24日に朝鮮人約200名が岡山市役所へ岡山市公安条例に違反する無届デモを敢行し岡山市警が制止しようとしたところ、旗ザオに見せかけた竹槍で警察官2名を刺したうえにプロムアセトン催涙ガス)入りの瓶を投げつけたり投石したため乱闘になり8名を検挙した。
    • 5月
      • 1日 - 血のメーデー事件、皇居外苑で警察部隊と衝突
      • 8日 - 上郡事件
      • 13日 - 広島地裁被疑者奪回事件、閉廷直前に傍聴席の朝鮮人約200人が被疑者と傍聴者を分ける柵を乗り越え、放火の被疑者朝鮮人4人を奪還
      • 25-26日 - 高田事件 (法学)、名古屋各所で同時多発事件、派出所や米軍宿舎などに火炎瓶を投げ込む
      • 25日-30日 - 桜井町事件、奈良県で暴行傷害で逮捕された朝鮮人の即時釈放を要求して警察と衝突
      • 30日 - 大梶南事件、仙台で民団系と民戦系が抗争
      • 31日 - 奈良警察官宅襲撃事件、巡査の自宅に約10名の朝鮮人が覆面姿で押しかけ、父親を暴行し意識不明の重体にして窓ガラスや障子を破壊して逃走
    • 6月
      • 5日 - 万来町事件、山口県で、派出所を襲撃、工場に乱入
      • 10日 - 島津三条工場事件、京都で祖国防衛隊 (在日朝鮮人団体)約50人が工場に押しかけアジ演説、警察が逮捕して護送中にパトカーに火炎瓶を投げ込む
      • 13日 - 醒井事件、滋賀県で民団系と民戦系の対立を巡って、被疑者の逮捕を妨害して大乱闘
      • 24 - 葺合・長田事件
      • 24-25日 - 吹田事件、デモ隊が火炎瓶や石を投げて暴徒化、111人が騒擾罪で起訴
      • 24-25日 - 枚方事件、工場を時限爆弾で爆破、人違いで火炎瓶で一般家屋に放火、98人検挙
    • 7月
    • 11月
  • 1953年(昭和28年)
    • 2月19日 - 別府市警察署事件、逮捕された男性の死亡をリンチ殺人だと決め付け警官隊と衝突
  • 1955年(昭和30年)

1956年-[編集]