在日韓国・朝鮮人の事件年表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

この記事は在日韓国・朝鮮人の事件年表(ざいにちかんこく・ちょうせんじんのじけんねんぴょう)である。

昭和天皇暗殺未遂で逮捕されて連行される李奉昌(中央)

-1944年[編集]

1945-1955年[編集]

  • 1945年(昭和20年)
    • 8月30日 名古屋少年匕首殺害事件、路上で少年3人が脅迫されて金銭を奪われ、匕首で切り付けられて1人死亡、1人負傷、犯人は拘置所から脱獄、韓国に逃亡
    • 10月22日 大阿仁村事件、秋田県の栗林に侵入し村人と乱闘
    • 12月
      • 24日 生田警察署襲撃事件(第1回)拳銃強盗事件にからんで50名を超える朝鮮人の暴徒が襲撃、連合国軍が暴動を鎮圧
      • 29日 直江津駅リンチ殺人事件、朝鮮人3人組が列車の窓ガラスを叩き割り無理やり乗車しようとし、それを阻んだ乗客にパイプやスコップ等で集団暴行し殺害、朝鮮人3人組は逮捕されたが程なく逃走
  • 1946年(昭和21年)
  • 1947年(昭和22年)
  • 1948年(昭和23年)
  • 1949年(昭和24年)
    • 1月25日 - 益田事件、密輸の摘発を巡って約200名が警察署に押しかけ、警察官と乱闘、48名検挙
    • 4月
      • 6-13日 - 枝川事件、窃盗犯を逮捕しようとした警察と衝突
      • 7-11日 - 高田ドブロク事件、新潟県で密造酒の取締りで朝鮮人が警察と対立、12人検挙
    • 6月
      • 2日 - 本郷事件、福井県で朝鮮人地区の地図作成に抗議し朝鮮人70人が派出所を占拠し警官に暴行
      • 30日 - 平事件、福島県平市の警察署に乱入し占拠、警官に暴行、231人を騒擾罪で検挙
    • 7月 塩釜事件、朝連と民団の構想を巡って警察とも紛争
    • 8月19-20日 - 下関事件 (騒乱)、朝連と民団が乱闘、構成員の自宅を襲撃、略奪
    • 9月
  • 1950年(昭和25年)
    • 3月20日 - 台東会館事件在日本朝鮮人連盟が「暴力主義的団体」として解散を命じられ、台東支部があった台東会館を接収しようとしたが、妨害を受け朝鮮人119人検挙
    • 8月15日 - 連島町事件、岡山県で約700名の朝鮮人が集会を強行し警察と乱闘、警官15名負傷、8名検挙
    • 9月9日 - 第一次朝鮮スパイ事件の工作員および国内の朝鮮人活動家が逮捕。翌年7月11日に全員有罪の判決[1]
    • 11月20-27日 - 長田区役所襲撃事件、朝鮮人が税免除などを要求して区役所を襲撃、20日30人逮捕、24日26人逮捕、27日179人逮捕
    • 12月1日 - 大津地方検察庁襲撃事件、勾留中の同志の釈放を要求し検察庁に突入、暴徒化、43人逮捕
    • 12月1日 - 京都市役所に約100人の朝鮮人(うち学童30人)が押しかける。市長室を占拠し「朝鮮人児童には朝鮮人の教育を与えよ」と要求、京都市警察の警官ともみ合いになり7人が不退去罪、公務執行妨害容疑で逮捕[2]
  • 1951年(昭和26年)
    • 1月23日 - 四日市事件、朝連四日市支部接収の妨害、暴動、15名検挙
    • 3月
    • 6月13日 - 神奈川朝鮮人学校事件、朝鮮人学校の運動会をきっかけに横浜駅前で500人が暴動、28人検挙
    • 7月20日 - 町田警察署乱入。容疑者の釈放を求めて約150人が町田署内へ乱入した。警察官7人が負傷[3]
    • 10月
      • 18日 - 日野事件、滋賀県で違法デモ隊が警官隊に襲い掛かり拳銃を奪う、20人検挙
      • 22日 - 下里村役場集団恐喝事件、兵庫県で朝鮮人約200名が村役場に押しかけ暴行脅迫恐喝、15名検挙
    • 12月
      • 1日 - 東成警察署襲撃事件、泥酔して保護された在日朝鮮人男性が死亡し、警官のリンチ殺人だとしてデモ行進を行っていた朝鮮人らが署内に突入を図り、3人逮捕
      • 16日 - 親子爆弾事件、大阪で事故死した朝鮮人の慰霊祭をきっかけに、クラスター爆弾の工場を襲撃、集団暴行
  • 1952年(昭和27年)
    • 2月
    • 3月
      • 多奈川町事件、大阪で密造酒の取締りで朝鮮人が警察と対立、27名逮捕
    • 5月
      • 1日 - 血のメーデー事件、皇居外苑で警察部隊と衝突したデモ隊に一部朝鮮人が参加。
      • 13日 - 広島地裁被疑者奪回事件、閉廷直前に傍聴席の朝鮮人約200人が被疑者と傍聴者を分ける柵を乗り越え、放火の被疑者朝鮮人4人を奪還
      • 25-26日 - 高田事件 (法学)、名古屋各所で同時多発事件、派出所や米軍宿舎などに火炎瓶を投げ込む
      • 25日-30日 - 桜井町事件、奈良県で暴行傷害で逮捕された朝鮮人の即時釈放を要求して警察と衝突
      • 30日 - 大梶南事件、仙台で民団系と民戦系が抗争
      • 31日 - 奈良警察官宅襲撃事件、巡査の自宅に約10名の朝鮮人が覆面姿で押しかけ、父親を暴行し意識不明の重体にして窓ガラスや障子を破壊して逃走
    • 6月
      • 5日 - 万来町事件、山口県で、派出所を襲撃、工場に乱入
      • 10日 - 島津三条工場事件、京都で祖国防衛隊 (在日朝鮮人団体)約50人が工場に押しかけアジ演説、警察が逮捕して護送中にパトカーに火炎瓶を投げ込む
      • 13日 - 醒井事件、滋賀県で民団系と民戦系の対立を巡って、被疑者の逮捕を妨害して大乱闘
      • 24-25日 - 吹田事件、デモ隊が火炎瓶や石を投げて暴徒化、111人が騒擾罪で起訴
      • 24-25日 - 枚方事件、工場を時限爆弾で爆破、人違いで火炎瓶で一般家屋に放火、98人検挙
    • 7月
    • 11月
  • 1953年(昭和28年)
  • 1955年(昭和30年)

1956年-[編集]

  • 1958年(昭和33年)8月17日 - 小松川事件、朝鮮人の男子高校生が同じ高校の女子高校生と23歳の賄い婦を殺害。自ら新聞社や警察に連絡したり、小説に書いて懸賞に応募する劇場型犯罪。犯人は1962年11月26日死刑執行。2020年現在日本国憲法下で韓国・朝鮮籍者の死刑が確定、執行されたした雄一の事案。
  • 1959年(昭和34年)12月4日 - 新潟日赤センター爆破未遂事件、韓国工作員による暗殺・爆破テロ未遂事件
  • 1968年(昭和43年)2月 - 金嬉老事件、2人をライフルで射殺し、静岡県の旅館で13人を人質にして籠城
  • 1980年(昭和55年)6月頃 - 辛光洙(シン・グァンス)事件北朝鮮工作員・辛光洙朝鮮学校元校長・金吉旭らが原敕晁を北朝鮮に拉致
  • 1981年(昭和56年)8月5日 - 男鹿脇本事件、北朝鮮のスパイ事件
  • 1983年(昭和58年)10月9日 - ラングーン事件、北朝鮮からビルマまで北朝鮮工作員を運んだ貨物船は兵庫県の朝鮮総連所属の在日朝鮮人が日本国内で建造し北朝鮮に寄贈して金日成に直接名前を付けられた船だった。
  • 1995年(平成7年)4月23日- 村井秀夫刺殺事件オウム真理教の幹部だった村井秀夫を、右翼を名乗る在日朝鮮人徐裕行が衆人環視の中刺殺した事件。オウム事件の捜査に深刻な影響を与えた。また犯人は朝鮮総連に出入りしており、辛光洙とも接点があった。
  • 2004年(平成16年)11月18日 - 茨木市連続ひき逃げ事件、韓国籍の23歳男による犯行。5人が死傷。
  • 2005年(平成17年)4月6日 - 聖神中央教会事件在日韓国人の主管牧師が信者の少女7人に性的暴行。
  • 2007年(平成19年)9月10日 - 函館市銃撃戦、韓国籍の52歳の住吉会暴力団員の男が盗難車で走行中、警察官と銃撃戦となり男が死亡、警察官が負傷した。
  • 2013年(平成25年)8月 - 韓国籍の男が、元京都弁護士会会長の彦惣弘立命館大学教授を、京都市の路上で刺傷し殺人未遂で逮捕された[4]
  • 2016年(平成28年)
    • 8月9日 - 韓国籍の講談社社員の朴鐘顕が妻を殺害[5]
    • 12月11日 - 新今宮駅線路突き落とし事件、朝鮮籍の28歳の男がホームにいた女性2人を突き飛ばし、1人が線路に転落[6]
  • 2019年(令和元年)
    • 2月1日 - 新井浩文強制性交事件、俳優で韓国籍の新井浩文(通名)が派遣マッサージ店の女性従業員を強姦したとして、強制性交罪で逮捕(係争中)。

出典[編集]

  1. ^ 「全被告に重労働 日鮮スパイ軍裁判決」『日本経済新聞』昭和26年7月12日3面
  2. ^ 「市長室に居座る 京都でも百名押かく」『朝日新聞』昭和25年12月2日3面
  3. ^ 「朝鮮人百五十人乱入」『日本経済新聞』昭和26年7月21日 3面
  4. ^ 「元弁護士会長刺した韓国籍の男に懲役3年 京都地裁判決」産経ニュース2014.3.8 10:00
  5. ^ “講談社「モーニング」の敏腕編集者 妻の殺害容疑で逮捕”. 産経新聞. (2017年1月10日). http://www.sankei.com/affairs/news/170110/afr1701100010-n1.html 2017年1月11日閲覧。 
  6. ^ “【駅突き落とし】容疑者の母「世間を騒がせ、申し訳ありません」「就職活動、悩んでいた」”. 産経新聞. (2016年12月13日). http://www.sankei.com/west/news/161213/wst1612130034-n1.html 2016年12月13日閲覧。